おすすめ旅情報

世界を旅して写真を撮る!世界の絶景ベスト10【街や村編】

投稿日:

世界の美しいまちを訪ねて

皆さん、こんにちは!
建築や街が大好きな建築士旅人のGreenです。

突然ですが僕はモノづくりが大好きです。人間によってつくられるモノには一つ一つ作り手の想いが宿る…。そんな我々人間のモノづくりの結集である「まち」には大自然にも負けない絶景があるはずです。
ということで今回は街や村の絶景を見ていきましょう!

まちの絶景の選び方

正直今回のランキングづくりはとても難しいです。なぜならば絶景のまちと、好きなまちは必ずしも一致しないからです。

路地を散歩する楽しさや風や日差しなど、時間や気象条件を写真に収めるのは簡単ではありません。写真を撮ることを前提に写真映えするかどうかでピックアップしてみました。

しかし、写真映えだけでランキング化するのも難しいです。ということであくまでも僕が感じた感動の大きさも追加してランキング化しています。

まちの絶景⑩:運河の町!ヴェネチア【イタリア】

最初に紹介するのはヴェネチアです。言わずと知れた運河の町で、美しい街並みと運河が最高の世界観を作り出しています。

細い路地を抜け、昼下がりのカフェでカプチーノを飲みながら、運河を眺める。素敵な時間を過ごすことができます。非日常の町に迷い込んでみましょう!

まちの絶景⑨:静かな仏教の町!バクタプル【ネパール】

バクタプル世界遺産に登録されているネパールの町です。決して華やかなわけではなく、質素に静かに暮らす雰囲気がとても落ち着きます。

素朴であり美しい寺院や木造の町並みはどことなく日本を思い出させてくれます。

まちの絶景⑧:東洋のヴェニス!周荘【中国】

周荘東洋のヴェニスと呼ばれるように、運河の町です。本家本元のヴェネチアを押さえてランクインしました。

瓦屋根が乗る木造建築が運河沿いに並び、そこを静かに小舟が通っていきます。赤提灯が下がる飲食店でお茶を飲む。なんとも哀愁漂う癒しの時間が過ごせます。

まちの絶景⑦:砂と土の世界!カスバ【モロッコ】

モロッコのティネリールに今回のカスバがあります。カスバは要塞のことでモロッコ中に残されています。

赤茶けた壁が夕日に染まる頃、コーランが町中のスピーカーから流れてきます。異文化を感じながら絶景に浸る、最高の時間を過ごせます。

まちの絶景⑥:アドリア海の真珠!ドブロブニク【クロアチア】

世界遺産にも登録されているドブロブニクはクロアチアにあります。魔女の宅急便のモデルともいわれていますが、僕には進撃の巨人の世界の方がしっくりきます。

高台から眺めるドブロブニクは最高で、高い壁に囲われたオレンジの屋根が美しいです。もちろん街中の路地も最高に楽しいので、是非街歩きのために時間をつくってください。



まちの絶景⑤:まるで日本のような古都!麗江【中国】

中国にある麗江世界遺産に登録されている町です。京都のような歴史や親しみのある町並みになっており、瓦屋根が続く景色はまるで昔の日本を見ているようです。

運河や寺院を訪れ、木造建築を散策しお茶を飲む。静かで優雅な、そしてどこか懐かしい時間がそこにはあります。

まちの絶景④:岩山の中に住む!ウチヒサール【トルコ】

これまた世界遺産であるトルコのカッパドキアにある町がウチヒサールです。カッパドキアエリアには奇岩をくり抜いた独特な町がつくられています。

ここウチヒサールでは巨大な岩山をそのままくり抜いて、城塞都市として利用しています。巨大なアリ塚にいるようで、どこを撮っても、どこを歩いていても楽しいですね。

まちの絶景③:南仏の鷲の巣村!エズ【フランス】

最高に美しい村、それがフランスにあるエズです。エズは崖の上にある小さな村で、眼下にはコート・ダジュールの美しい海が広がります。

南フランスのあたたかい風を感じ、コーヒーを片手に海を眺める。こんなに贅沢で美しい場所はそうそうありません!

まちの絶景②:映画の世界へタイムスリップ!ハバナ【キューバ】

歴史が詰まったハバナ世界遺産にも登録されているキューバの街です。車、建築、社会、ここではすべてのモノが昔のまま止まっています。

まるで映画のセットのような街の雰囲気があり、写真や映画好きにはたまらない世界が広がっています。モノクロカラフルもどちらも似合う街並みですね。

近年は観光地化が進んでいます、ハバナを訪れるならば急いだほうがよいでしょう。

まちの絶景①:青の世界!シャフシャウエン【モロッコ】

さて、絶景のまちとしてトップを飾るのは…
モロッコのシャフシャウエンです。シャウエンは斜面に細い路地が張り巡らされた、趣のある町になっており、多くのものが青色に染められています。

青いだけでも魅力がある町ですが、それだけではなく、路地散策の楽しさ、高台からの景色羊の放牧をしている人々、数えきれないほどの魅力が詰まった町になっています。

人生で一度は訪れてほしい町のひとつです!

まとめ

いかがでしたでしょうか。次の旅先の参考になっていれば幸いです。

また今回は僕の感動というあいまいな要素を入れてみました。よって、よく写真を目にするようなベタな大都市は少なくなり、代わりに新鮮さを重視したランキングになりましたね。

ということで前回と同様、今後はトップ10意外の街や村もまとめていきたいと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-おすすめ旅情報

Copyright© Road to EAST , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.