*

ドバイの旧市街観光【バスタキヤ】

公開日: : UAE

ドバイ市内散策

今回はアラブ首長国連邦(UAE)の首長国の1つであるドバイについて書いていきます。ドバイは中東屈指の都市で高層ビルも多く、世界一の高さを誇るビル、ブルジュハリファもこの街にあります。そんな近代国家ですがまずは旧市街を観光した時の情報をまとめていきます。

バスタキヤ歴史保存地区

近代的な街の前にこの国の伝統的な街を紹介しましょう。まずは旧市街と言われるエリア内にある、バスタキヤ歴史保存地区についてです。

イスラムの世界観

ここは伝統建築を保存する為に整備されている地区で、新しく綺麗な観光客向けのエリアというイメージです。しかし建築も路地もしっかりと中東の雰囲気を残しています。またここにある伝統建築はギャラリーやカフェ、ホテルとして利用されているので内部まで触れることができます。

路地空間

エリア内には細い路地が不規則に配置されており、まるで迷路のような空間になっています。そして路地に向かって雨樋が付きだしています。あまり雨が降る国ではありませんが、立派な雨樋が付いていました。

風の塔

バスタキヤ内を歩いていると背の高い塔を見かけます。これは風の力を使い建築内を涼しく保つ為の物で風の塔と呼ばれています。この風の塔こそこの地域の人々のアイデアが詰まった建築様式ですね。

オールドウォール

散策を続けていると遺跡のような壁が現れました。これはオールドウォールと呼ばれおり、かつてこの地に設置されていた城壁の一部です。バスタキヤは全体的に新しく整備されたエリアではありますが、このように古き良き歴史を感じる本物も見ることができます。

アート

このエリアにはギャラリーが多く屋外アートもたくさんあります。伝統的なものだけでなく現代アートも満喫しましょう。

アラビアンティーハウス

さて僕は午前中にバスタキヤ歴史保存地区を訪れたので、このエリア内にあるレストランで朝食をとりました。このレストランはとても興味深い建築となっており中庭で食事をすることができます。

中庭で食事

白を基調とした家具やテキスタイルに青がアクセントとなっています。また、頭上には植物の葉で簡易的な屋根がつくられており、日差しの強いこの国には必須の影を落としてくれます。

中東料理

朝食セットでは中東料理のフムスを含む小皿のおかずがたくさんついてきます。どれを食べてもおいしく、中東を感じることができるのでおすすめです。

チャイ

もちろんチャイもあります。店員さんが頭上より高く腕をあげ、滝のように注いでくれます。シャッターチャンスを逃さないようにしましょう。

ドバイクリーク

バスタキヤ地区の裏にはドバイクリークと呼ばれる入江が広がっています。エメラルド色の綺麗な水上をアブラと呼ばれる小舟が行きかいます。市民の移動手段として利用されているこの船ですが、もちろん観光客も乗ることができます。

テキスタイルスーク

こちらもバスタキヤ地区のすぐ近くで、ドバイクリークに沿うようにして立地しています。ラグやクッションカバーなど布関係の商品が並びます。

観光客に対する客引き、特に日本人に対する客引きはとても強引でウンザリします。まるでモロッコのマラケシュの客引きようなしつこさです。しかしテキスタイルスークの裏手にはドバイクリークに面したカフェがあり、静かな水辺と行きかうアブラを眺められます。スークの喧騒から抜け出して休憩しましょう。

ヒンドゥー教寺院

テキスタイルスークとバスタキヤの間にはヒンドゥー教の寺院があります。つまりインド人がたくさん住んでいるということですね。そう、ここドバイはUAE人だけでなく多くの外国人が職を求めて移住しているのです。

脱ぎ捨てられた履物

この寺院では面白い光景を見ることができます。寺院を訪れるには裸足になる必要があるようで、寺院周りの道にはものすごい数の履物が置かれているのです。あまりに数が多いため、少し離れた路地までこの異様な光景が広がります。彼らは礼拝後に自分の履物を発見できるのでしょうか…。

満員電車以上の人々

そして寺院に近づいていくと、もっとすごい光景が現れました。なんと寺院に入る為の行列ができており、信じられない人数が並んでいます。東京の満員電車と同等レベルです。ドバイの暑い日差しの中この密着度では死人が出そうです…。

ドバイ博物館

続いてこれまたバスタキヤ近くにあるドバイ博物館を訪れました。入場料はたったの90円ですが意外と見どころの多い博物館でした。地上では伝統住宅が展示されており、砂漠での生活スタイルを見学できます。

そして地下空間がとても広く、ドバイの歴史が写真パネルやろう人形を使った展示で紹介されています。

入場料:3AED(約90円)

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はドバイの旧市街を散策した時の情報をまとめてみました。次回はドバイにある砂漠ツアーに参加した時の話です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

関連記事

シェイク・ザイード・グランドモスクの行き方【アブダビのモスク】

世界最大のペルシャ絨毯があるモスク 今回はUAEの首都アブダビにある巨大で美しいモス

記事を読む

ルーブルアブダビへの行き方【アクセス】

ルーブルアブダビのチケットなど情報編 今回はルーブルアブダビへの行き方やチケットなど

記事を読む

ドバイにある巨大な人工島を観光【パームジュメイラ】

パームジュメイラに滞在 今回はドバイにある人工島パームジュメイラについて紹介しようと

記事を読む

ブルジュ・ハリファ展望台料金など情報まとめ【At the top】

世界一高いビルへ【At the top】 前回はブルジュ・ハリファの展望台の受付まで

記事を読む

ドバイからアブダビへバス移動【アクセス】

アブダビへのバスでの行き方 今回はドバイからアブダビへバスで移動した時の情報をまとめ

記事を読む

ルーブルアブダビの建築家【ジャン・ヌーヴェル】

フランスだけじゃないUAEのルーブル美術館 今回は世界的建築家ジャン・ヌーヴェル が

記事を読む

ドバイの砂漠ツアー【砂漠に宿泊】

現地ツアーで行くデザートサファリ 今回はドバイの砂漠ツアーに参加した時の情報です。日

記事を読む

ブルジュ・ハリファ展望台への行き方【ドバイモールのフロアマップ】

展望台受付の場所【At the top】 今回は世界で一番高い高層ビル「ブルジュ・ハ

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク

バガン空港やバスターミナルから市内への移動【ニャウンウー・ニューバガン・オールドバガン】

ニューバガン・ニャウンウーとバスターミナルや空港へ【アクセス】

ヤンゴンからバガンへの行き方【夜行バスでアクセス】

ヤンゴンからバガンへの移動手段【バスと飛行機を比較】

ボストンからニューヨークへ移動【バスや電車でアクセス】

ボストンからニューヨークへの行き方【おすすめ移動手段】

ヴィンテージインテリアのブルックリンスタイル本場へ【ウィリアムズバーグ】

ブルックリン観光のおすすめスポット こんにちは!古い物

アメリカの現代建築8選【東海岸編】

ニューヨークのおすすめ有名建築を観光 みなさんこんにち

→もっと見る

  •  

    2016~2017年に東周りで世界一周しました。
    『旅日記』とビザや移動、裏技などの『旅情報』を書いています。今後は旅中に書けなかった詳細や、世界一周中に訪れた国だけではなく、今まで訪れたすべての国の『旅情報』を更新していきます。

    Name : Green
    Age : Around 30
    世界一周中に訪れた国数 : 52
    人生で訪れた合計の国数 : 70

    大学を卒業後、建築士として5年間住宅の設計をしていました。脱サラ後は約2年間のオーストラリア生活を経て、世界一周の旅へ。帰国後は外資系企業に再就職し、デザイン関係の部署にて日々奮闘中です。現在は『企業に雇われながら旅人を続ける方法』を実践中です。

    写真素材のピクスタ

    また『世界中の写真』を上のバナー先(PIXTA)にまとめてアップしています。

  • 世界一周お役立ち情報【準備や裏技】

    アジア
           

    北米
     

    中米
       

    南米
          

    アフリカ

    欧州(シェンゲン)
                       

    欧州(非シェンゲン)
                

    中東

    大洋州
      

  • 旅情報のおすすめリンク先「Trip-Partner

PAGE TOP ↑