*

シェイク・ザイード・グランドモスクの行き方【アブダビのモスク】

公開日: : 最終更新日:2019/05/06 UAE

世界最大のペルシャ絨毯があるモスク

今回はUAEの首都アブダビにある巨大で美しいモスク、シェイク・ザイード・グランドモスクを紹介します。

Sheikh Zayed Grand Mosque(シェイク・ザイード・グランドモスク)

シェイク・ザイード・グランドモスクは2007年に竣工した比較的新しいモスクで、UAE建国の父ザイード・ビン・スルタン・アル・ナヒヤーンによって建てられました。総工費はなんと約550億円です。

シェイク・ザイード・グランドモスクへの行き方

アブダビバスセンターからグランドモスクへの行き方はバスとタクシーがありますが、暑い国なので、利便性と所要時間を考えるとタクシーがおすすめです。
料金もとても安いです。

ドバイからアブダビバスセンターへの行き方はこちら

タクシー

僕の場合はもう一つの観光名所、ルーブルアブダビ美術館からタクシーで向かったので47AED(約1,400円)でした。友人と2人で利用したので1人あたり約700円です。アブダビバスターミナルから直接向かう場合は以下の通りです。

アブダビバスターミナル~グランドモスク
所要時間 : 約20分(タクシー)
料金 : 約40AED(約1,200円)

バス

バスを利用すると、とても安いですが時間がかかります。

アブダビバスターミナル~グランドモスク
所要時間 : 約45分(バス)+約10分(徒歩)
料金 : 2AED(約60円)

アブダビ国際空港からグランドモスクまで

空港からタクシーで向かう場合は以下の通りです。

アブダビ国際空港~グランドモスク
所要時間 : 約30分(タクシー)
料金 : 約48AED(約1,500円)

住所

Sheikh Rashid Bin Saeed St – Abu Dhabi – アラブ首長国連邦

シェイク・ザイード・グランドモスク観光方法

入場料

入場料は無料です。

服装

イスラム教のモスクなので服装制限は厳しいです。

女性

肌を露出させないこと(長袖、長ズボンorロングスカート)、髪の毛を隠すこと(スカーフ等)。
サンダルは不可。

男性

半袖は可能だが、タンクトップや短パンは不可。
サンダルは不可。

手荷物預かり

大きな荷物を持っている場合は預けなくてはなりません。入口にて無料で荷物を預かってくれます。大きいの65Lのバックパックも預かってくれました。

観光内容

グランドモスクにたどり着くまで

タクシーにてグランドモスクに着くとまずは地下にある入口に向かいます。

次に無料チケットを発券します。国籍など各種情報を入力しないと発券できない仕組みになっています。

その後荷物を預けて、手荷物検査を抜けます。金属探知機もあり空港と同レベルの警戒態勢です。

手荷物検査が終わると地下にある動く歩道でモスクに向かいます。かなり距離があり徒歩3~5分くらいはかかります。

広大な外部空間

モスクのメインゲートをくぐると大きく開けた空間が広がります。
白を基調とした建築に床には美しい大理石が敷き詰められています。

柱の彫刻

廊下に並ぶ柱には大理石の花があり、1つ1つで手彫りで施されています。

反射するモスク

敷き詰められた大理石が美しすぎて、建築物が床面に反射しています。まるで水面に浮かんでいるようです。しかし、夕方に訪れると写真のように反対側の建築の影が落ちてしまいます…。

天井の装飾

建築内部に入りドームを見上げると美し彫刻を見ることができます。幾何学的な五角形の組み合わせに、有機的な彫刻とアラビア文字が浮かびます。

世界最大の絨毯

礼拝堂には世界一大きい絨毯が敷かれています。1,000人以上の職人が手織りで完成させ、約9億円の価値があるそうです。

ステンドグラス

モスク内に設置されている窓も大変美しいです。モザイクガラスでとても細かいですね。

3色のグランドモスク

紅のモスク

このグランドモスクは青空に映える美しい白だけでなく、様々な色で楽しむことができます。1つは夕日で赤く染まる姿です。どんな建築も夕方は美しいですが、このモスクは真っ白な大理石で作られているので、より赤が際立ち美しいです。

魔法のようなモスク

日が暮れると青色にライトアップされるので、なんとも幻想的な雰囲気になります。ホテルや街に帰る際にタクシーを利用すれば、やさいいドライバーなら写真撮影のために途中で停まってくれます。

まとめ

いいかがでしたでしょうか。シェイク・ザイード・グランドモスクは美しので是非訪れてみてください。また、モスク自体に興味があればイスタンブールにあるブルーモスクもおすすめですね。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

関連記事

ルーブルアブダビへの行き方【アクセス】

ルーブルアブダビのチケットなど情報編 今回はルーブルアブダビへの行き方やチケットなど

記事を読む

ドバイの砂漠ツアー【砂漠に宿泊】

現地ツアーで行くデザートサファリ 今回はドバイの砂漠ツアーに参加した時の情報です。日

記事を読む

ブルジュ・ハリファ展望台料金など情報まとめ【At the top】

世界一高いビルへ【At the top】 前回はブルジュ・ハリファの展望台の受付まで

記事を読む

ルーブルアブダビの建築家【ジャン・ヌーヴェル】

フランスだけじゃないUAEのルーブル美術館 今回は世界的建築家ジャン・ヌーヴェル が

記事を読む

ドバイにある巨大な人工島を観光【パームジュメイラ】

パームジュメイラに滞在 今回はドバイにある人工島パームジュメイラについて紹介しようと

記事を読む

ドバイの旧市街観光【バスタキヤ】

ドバイ市内散策 今回はアラブ首長国連邦(UAE)の首長国の1つであるドバイについて書

記事を読む

ドバイからアブダビへバス移動【アクセス】

アブダビへのバスでの行き方 今回はドバイからアブダビへバスで移動した時の情報をまとめ

記事を読む

ブルジュ・ハリファ展望台への行き方【ドバイモールのフロアマップ】

展望台受付の場所【At the top】 今回は世界で一番高い高層ビル「ブルジュ・ハ

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク

シアトルのレトロな観光スポット【スターバックス1号店】

歴史の詰まったスターバックス1号店に行ってきた みなさ

シアトルの現代建築【アメリカの有名建築】

アメリカの現代建築【シアトル編】 今回はシアトルにある

カナダからアメリカへバス移動【陸路国境越え】

バンクーバーからシアトルへバスで国境超え 今回はカナダ

バンクーバー観光【ベタな観光スポット】

バンクーバーの紅葉の中で さて、今回からは世界一周の旅

オマーンの路線バスやルートバスの乗り方【節約移動術】

治安のいいオマーンでローカルバスに乗る 今回はオマーン

→もっと見る

  •  

    2016~2017年に東周りで世界一周しました。
    『旅日記』とビザや移動、裏技などの『旅情報』を書いています。今後は旅中に書けなかった詳細や、世界一周中に訪れた国だけではなく、今まで訪れたすべての国の『旅情報』を更新していきます。

    Name : Green
    Age : Around 30
    世界一周中に訪れた国数 : 52
    人生で訪れた合計の国数 : 69

    大学を卒業後、建築士として5年間住宅の設計に従事。脱サラ後は約2年間のオーストラリア生活を経て、世界一周の旅へ。帰国後は外資系企業に再就職しデザイン関係の部署にて日々奮闘中。現在は『企業に雇われながら旅人を続ける方法』を実践中。

  • 世界一周お役立ち情報【準備や裏技】

    アジア
           

    北米
     

    中米
       

    南米
          

    アフリカ

    欧州(シェンゲン)
                       

    欧州(非シェンゲン)
                

    中東

    大洋州
      

  • 旅情報のおすすめリンク先「Trip-Partner

PAGE TOP ↑