UAE

ドバイにある巨大な人工島を観光【パームジュメイラ】

更新日:

パームジュメイラに滞在

今回はドバイにある人工島パームジュメイラについて紹介しようと思います。

パームジュメイラとは

ドバイと言えパームジュメイラと言ってもいいほど有名な島で、特殊な形状をしている為、グーグルマップ上で見てもすぐにわかります。

島の構成

この島はヤシの木のような形をしており、幹の部分、枝葉の部分、外周部分の3つから構成されています。

幹の部分

幹の部分は5km以上もあり、そこに枝葉部分が16本接続されています。

枝葉部分

枝葉部分には一戸建ての住宅がたくさんあり、居住者以外は入れません。多くの有名人が別荘として所有しており、あのビルゲイツの別荘もあるそうです。

外周部分

島の外周部分は約11kmもあり、このエリアに多くの高級ホテルが軒を連ねています。

パームジュメイラへの交通

ドバイのダウンタウンからパームジュメイラまでは約30分です。またホテルのある外周部まではさらに10分程かかります。外周部のホテルに滞在する場合は街まで出るのに結構な時間がかかります。

モノレール

本土から島へ、また島から外周部まではモノレールで繋がっています。

料金:20AED(約600円)

金額は高いですが、粋な演出をしてくれます。モノレールが島内を走るときは車内の照明を落としてくれるんです。その為、島内の夜景や本土の高層ビル群も綺麗に見ることができます。

島内の交通

夕方になると多くの観光客がダウンタウンに向かって移動します。そこで問題なのが島内の交通の便です。外周部から幹の部分、そして本土へと道路がありますが、外周部から幹部分へ出る為の渋滞がものすごいです。ホテルの送迎やタクシーなど移動手段が複数あっても道路自体が混み合っているため時間ロスが発生します。

モノレールで移動するのが早いかもしれませんが、外周部の全長が11kmもあるので徒歩で移動するのは大変です。そうなるとモノレールの駅までも車が必要になり、結局時間がかかります。

つまりパームジュメイラに滞在するときは本土へは移動せず、ホテル内で過ごすのがベストということになります。しかし、外周部にもアクアベンチャー・ウォーターパーク・ドバイショッピングセンターなどの施設があり、そこに行きたい人も多いはずです。

交通量を検討していなかったことによる、明らかな設計ミスでしょう。また本土との繋がりを1ヵ所にしてしまった為大渋滞が起きており、万が一その箇所が通行止めになった日には外周部に閉じ込められることになります。都市計画の重要性を身をもって感じましたね。

パームジュメイラ観光

枝葉の部分

パームジュメイラの枝葉の部分を見学しようと思っていましたが、巨大な島なので、やはり地上レベルでは全然わかりません。枝葉部分の海岸線を見る為には、ヘリコプター遊覧飛行などに申し込んだほうがいいですね。

アトランティス・ザ・パーム

モノレール駅の近くには有名なホテルアトランティス・ザ・パームがあります。アトランティス・ザ・パームホテルの前に行くと、皆撮影しようと道路を挟んだ反対側からカメラを構えています。

ブルジュ・アル・アラブ

かなり遠くではありますが、ドバイのランドマークの1つであり、7つ星ホテルとして有名なブルジュ・アル・アラブを海側から見ることができます。

作りかけのホテル

パームジュメイラは2001年に着工しましたが、まだまだ更地の土地が広がっています。今でも建設途中のホテルを見ることができます。夕日を背にした躯体のみの建築が、高層ビルの多いドバイを象徴しているようで、ノスタルジックないい雰囲気が出ていました。

まとめ

今回は不思議な形の島パームジュメイラについてまとめてみました。本来はもっと見どころがあるのでしょうが、弾丸旅行だった僕はこの島にあまり多く滞在できませんでした。パームジュメイラを訪れる機会がある人は何日か宿泊することをおすすめします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-UAE

Copyright© Road to EAST , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.