51ヵ国目 中国

51ヵ国目 中国

投稿日:

VPNでGMAILを使う【中国】

さて、バンコクでゆっくりした僕は

続いての国

中国にやってきました。

しかしこの国は特殊です。

Google

LINE

Facebook

Twitter

Yahoo Japan

など主要な

ネットコンテンツが使えません。

特にGMAIL

使えないのは痛すぎます…

そんな魔境に

乗り込むことになりました。

VPNについては最後に書きます。

アウェイの洗礼

チェックインにて

まだ中国に到着する前

バンコクの空港から

アウェイの空気が

流れています。

いつも通り空港で

チェックインをしたかったのですが、

中国南方航空では

カウンター対応ではなく

機械でセルフチェックインをして

その後荷物を預ける為の

列に並びます。

LCCと同じですね。

しかし、

セルフチェックインの列や

荷物預けの列でも

ものすごい割り込みです。

特におばちゃん。

しかも集団で割り込んでくるので

とても腹が立ちます。

最もめんどくさいのは

グループの人間が

すべての列に1人ずつ並び

その人の順番になった瞬間

4~8人くらいの集団が

その列に割り込みます。

小人数ならまだしも

4人以上は多すぎですね…

しかも並んでいるのは

5~6歳の子供です…

子供まで利用するとは…

今ほど

ひとりっこ政策

が恋しいことはありません。

領土問題

さりげないです…

機内誌を読んでいて

中国南方航空の

路線が載っている

世界地図を見てたのですが、

国境線をよく見てみると

さりげな~く

台湾を自分の国の領土にしています…。

確かに世界も

そして日本でも

台湾は中国の一部として

扱っています。

しかし、実際台湾には

VISA無で滞在できるし

政府も中国とは別物です。

とても複雑ですね。

出入国

続いて中国のイミグレーションです。

日本人はビザなしで

15日間滞在できますが、

入国審査では

出国チケットのチェックも

質問も何もありませんでした。

日本人には問答無用で

入国を許可しているのでしょうか。

ただしさすがは中国、

他国のスタンプが押されているところに

少しや半分ではなく

完全に重ねてハンコを押してきました。

雑すぎじゃね…。

中国南方航空のいいところ

中国南方航空は

広州を中心に各地を結んでいる

航空会社です。

したがって今回は

広州乗換でした。

そして

広州の空港で乗換える人は

なんと乗換専用の

ラウンジが無料で使えます。

乗換専用なので

ほとんどの人が寝る為に

訪れていました。

一応ラウンジなので

軽食やお菓子、コーラやコーヒーもあり

もちろん食べ放題、飲み放題です。

しかしサンドイッチの

クオリティは低いですね。

ハムの先っちょしか

入っていませんでした…。

2017年10月の中国VPN

さて、

冒頭で説明したように

中国では日本のように

ネットサーフィンができません。

しかしそれでも僕には

グーグルフェイスブックが必要です。

そこで利用するのが

VPN

正直僕もそれがなんだか

よく理解していません。

簡単に説明すると

僕のスマホやパソコンが

中国以外の国に置かれている

サーバを経由して

インターネットを使うということです。

中国対策おすすめVPN

VPNはいろんな会社が

提供していますが

僕が使ったのは

セカイVPN

というところです。

ここは最初の2ヵ月間は無料で

利用できるので

2ヵ月以内に解約すれば

無料で使えます。

しかも日本語対応で

安心ですね。

まとめ

今回は中国の基本情報と

移動について書きました。

次回からいよいよ

観光編です。

まずは古い街並みが残る

麗江を訪れます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-51ヵ国目 中国

Copyright© Road to EAST , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.