*

50ヵ国目 タイ

公開日: : 50ヵ国目 タイ

バックパッカーの聖地へ

カトマンズを後にした僕は

昔から

バックパッカーの聖地と言われている

カオサンロードのある

タイのバンコクにやってきました。

カトマンズからバンコクへ

本来であれば

カトマンズから

インドのカルカッタまで

陸路で移動して、

カルカッタを満喫した後に

バンコクに飛ぶはずでした。

もちろんそのほうが安く済みます。

しかし、

前途した通り

僕は

インドが大っ嫌いになってしまった

ので、

カトマンズから直接飛ぶことにしました。

久々の飛行機は

ジェットエアウェイズという

インドの航空会社です。

膝が前の席に着くほど

狭い座席でしたが、

離陸直前になり

非常口がある席に

移動させてもらえました。

非常時には

座席の前が通路になるので

とても広々しており

足を組めるくらいです。

機内中央の翼の上にある

4か所の非常口用の席を

外国人に与えたかったようで

空席だった非常口席に

続々とヨーロピアンが集まります。

この一帯だけ英語が飛び交い

なんだかヨーロッパに

戻ってきた気分になりました。

窓から見える

美しいヒマラヤを見ながら

南国のタイを目指します。

国際都市バンコク

久しぶりにバンコクの地に

降り立ちました。

相変わらずの湿った空気が

僕の体にまとわりつきます。

スワンナプーム国際空港からは

鉄道で市内まで移動でき

その車窓を見ていて

驚愕しました。

ここバンコクはものすごく都会です。

高層ビルがたくさん立ち並び

日本のコンビニも

たくさんあります。

車窓だけ見る分には

東京と言われても

信じてしまいそうなぐらい都会です。

空港用だけではなく

街中を走る電車でも

多くの外国人を見かけ

車内にも

街中にも

たくさんの英語表記があります。

僕がしばらく

東京に帰っていないからか

久々に英語表記のある国に来たからか

バンコクの国際力と

発展具合に驚きました。

正直国際力があるぶん

日本は負けているのではないか

と思うほどです。

カオサンロード

カオサンロードとは

そしてバックパッカーの聖地

カオサンロードにやってきました。

ここは安宿がたくさんあり

安い飯屋や旅行会社もあるため

昔からたくさんの旅人が

溜まる場所です。

僕がまだ若手社員だった頃

沢木耕太郎の

「深夜特急」

を読んで旅の魅力に目覚め

初めてこの地に立った頃を

思い出します。

そんな旅人は

僕だけではないはずです。

ちなみに2回目のタイは

クーデターが起きて

戒厳令が出されていた

真夜中のカオサンに到着しました…。

やはりここに来ると

特別な気持ちになります。

カオサンロードの今

しかし、カオサンロードも

昔の旅人達からしたら

変わってしまっているようです。

僕が初めてここを訪れたときからは

あまり変わっていないようですが

すっかり若者の街になっており、

ヨーロピアンが夜な夜な

飲んで踊っているだけの

通りになってしまったようです。

ちなみに僕が初めて来た頃は

10バーツ(約34円)ラーメン

なるものがありましたが

今ではすっかり

値上がりしてしまったようです。

それでも昼間は

普通の観光地として

機能しているようでした。

おみやげから生活必需品まで

なんでもそろっています。

余談ですが、

タイのシャンプーを買う時には

配合物に気を付けましょう。

僕は昔パンテーンを

セブンイレブンで買いましたが

実際に使ってみて

パクチーの香りが配合されていることに

気がつきました…。

どんだけ洗い流しても

翌日までにおいは続き

枕もパクチー臭くなります…。

パクチー嫌いには

地獄のシャンプーですね…。

カオサンへの行き方

今回はカオサンへ船で訪れました。

細かなアクセス方法は

他の人のブログに

たくさん載っているので

ここでは紹介しません。

BTSのサパーンタクシン駅

から船に乗り

N13番

船を降りればいいだけです。

ただしそこから

カオサンロードまで

歩く道がまた面白いです。

普通に道路沿いを

歩いていけば到着しますが

かなり遠回りになってしまいます。

そこで街中には

ショートカットコース

案内看板が設置されています。

そのコースがとても興味深く

普通の道から

さびれた裏通り

そして野良犬だらけのヤバそうな道

しまいには、

どこかのカフェの

裏口から店舗に入り、

そのカフェの中を通り抜け

正面から出る始末…。

それでいいのかバンコク…。

リアル迷路で楽しいですが…。

まとめ

さて、今回はバックパッカーの聖地

カオサンロードに注目しました。

次回はバンコク観光編です。

最近話題の

インスタ映え

する寺も紹介します。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

関連記事

バンコク観光

美しい寺院を求めて 今回はバンコク市内を 観光した時の内容です。 今までに見た

記事を読む

ドンムアンでトランジットの過ごし方【プライオリティパス不要なミラクルラウンジ】

ドンムアン空港で乗り継ぎ!深夜の空き時間をラウンジで 皆さんこんにちは!LCC大好き

記事を読む

タイにあるサグラダファミリア

サンクチュアリ・オブ・トゥルース 今回は壮大な寺院建築 サンクチュアリ・オブ・トゥル

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク

ブリスベン空港から市内への移動【アクセスと朝食情報】

ブリスベン空港から市内へ移動してベーグルの朝食【The Bagel

ドンムアンでトランジットの過ごし方【プライオリティパス不要なミラクルラウンジ】

ドンムアン空港で乗り継ぎ!深夜の空き時間をラウンジで

ヤンゴン国際空港から市内への行き方【アクセス】

ヤンゴン空港からバスでアクセス【エアポートシャトルバス】 ヤン

ヤンゴン・セントラル駅【環状線と日本の車両】

ヤンゴンのローカル鉄道【昭和の鉄道】 皆さんこんにちは

シュエダゴン・パゴダへバスでの行き方【アクセス】

ミャンマーの世界遺産【シュエダゴン・パゴダ】 皆さんこ

→もっと見る

  •  

    2016~2017年に東周りで世界一周しました。
    『旅日記』とビザや移動、裏技などの『旅情報』を書いています。今後は旅中に書けなかった詳細や、世界一周中に訪れた国だけではなく、今まで訪れたすべての国の『旅情報』を更新していきます。

    Name : Green
    Age : Around 30
    世界一周中に訪れた国数 : 52
    人生で訪れた合計の国数 : 70

    大学を卒業後、建築士として5年間住宅の設計をしていました。脱サラ後は約2年間のオーストラリア生活を経て、世界一周の旅へ。帰国後は外資系企業に再就職し、デザイン関係の部署にて日々奮闘中です。現在は『企業に雇われながら旅人を続ける方法』を実践中です。

    写真素材のピクスタ

    また『世界中の写真』を上のバナー先(PIXTA)にまとめてアップしています。

  • 世界一周お役立ち情報【準備や裏技】

    アジア
           

    北米
     

    中米
       

    南米
          

    アフリカ

    欧州(シェンゲン)
                       

    欧州(非シェンゲン)
                

    中東

    大洋州
      

  • 旅情報のおすすめリンク先「Trip-Partner

PAGE TOP ↑