8ヵ国目 ペルー

深夜バス22時間クスコへ

更新日:

標高3,400mのクスコへ

22時間、最強の深夜バス

僕は深夜バスがとても嫌いです。

あの狭い車内、

ものすごい湿気、

隣の乗客のいびき…。

学生の頃からどうしてもこの乗り物を好きにはなれませんでした。

しかし、北海道のテレビ番組「水曜どうでしょう」の影響もあり、

深夜バスに対する好感度…

いや、興味度はあがりました。

ということで日本では「キングオブ深夜バス」と呼ばれている

博多号さん(東京~博多、14時間)

を超える深夜バスに乗ってきました。

なんとその乗車時間は

22時間!!

もちろんノンストップ。

終着地の標高は3,400m。

道中の途中の標高はなんと…

4,000mを超えるようです。

そして山道なのでものすごい揺れっぷりなようで…。

こんな強者に勝てる気がしませんが

飛行機よりも金額が安いという理由で

果敢に挑んできました。

クルス・デル・スル

今回はペルーの移動なら是非利用すべきと噂の

クルス・デル・スル社のバスを利用しました。

金額は175ソル(約6000円)と少し高いですが、

安全かつ快適ということでした…。

注目の22時間の戦いに備えた設備ですが、

座席は150度くらい倒れます。

食事も付きます。

座席に付属の画面で映画も鑑賞できます。

リマからクスコへ

まずはリマのクルス・デル・スル社のバスターミナルに向かいます。

このバスターミナルはとても大きく、

チェックインカウンターも空港のように大きかったです。

チェックイン後はバックパックを預け荷物へ。

その後にバスに乗り込みます。

乗り込むと早々に係りの者が現れ各座席の乗客の写真を撮ります。

そう、これがこのバスのメリットの一つです。

バス内の監視カメラはもちろんですが、

この顔写真システムで、

バス内の盗難を防ぐ仕組みです。

中々やりますね。

日本の埼京線もこれができたら

痴漢が減りそうですが…。

すべての乗車扉に取り付けるとか…。

…。

ただでさえ管理されている日本社会が

より生きていきにくい社会になってしまうだけか…。

 

そして、バスはいよいよ22時間の旅へと走り出します。

若干の緊張と興奮を交えながら。

僕は出発するとすぐに眠気に襲われました。

気が付くと3間ほど眠っていました。

車内食を食べてから再び眠りに落ちる…。

どれくらい時間がたったでしょうか。

まさかというかやはりというか、

頭が痛い気がします。

呼吸もしにくい気がする。

気がするだけなのでそのまま眠り続けることにしました。

するとバスは山道に入りとにかく揺れます。

おかげで吐き気まで…。

とにかく我慢して眠ることにし、

なんとかクスコまで到着しました。

必殺コカ茶

クスコのバス停に到着して、

いざバスを降りてみると異変に気がつきました。

軽い頭痛、立ちくらみがします。

深夜バスであまり寝られてないからか、

車酔いか、

高山病か…。

おそらくは軽い高山病だったのでしょう。

すぐに宿に向かいチェックインがてら体調の話をしていたら

宿の主人がコカ茶をくれました。

コカ茶は普通においしいですね。

そして気のせいか体調も良くなった気がします。

コカ茶のおかげか、

宿の主人の優しのおかげか…。

とにかく大変な移動日でした。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-8ヵ国目 ペルー

Copyright© Road to EAST , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.