*

パゴダ見学のおすすめスポット【バガンタワー】

公開日: : ミャンマー

パゴダに登れない!それでも高台から撮影する方法

2019年現在、バガンではパゴダに登ることができません。それでも高台からのバガン遺跡群を見たい!
…と言う人の為に、平原に広がるパゴダを眺める方法を3つ紹介します。

パゴダを高台から眺めるには!?

皆さんこんにちは!写真を撮るのが大好きな旅人Greenです。
旅にはいろんなタイプがありますが、建築や自然の絶景を求める人が多いのではないでしょうか。ここミャンマーのバガンではパゴダと言う仏塔が広がる絶景があります。

以前は多くの旅人がパゴダ自体に登って撮影していたようですが、現在はどのパゴダも登ることが禁止されています。

ではどうやって絶景を眺めるのか?
その方法を紹介していきます。



最も高い場所からのパゴダ【バガンタワー】

まず最も簡単で、ポピュラーな方法がバガンタワーから眺める方法です。展望台からも併設されているレストランからも平原を眺めることができます。

バガンタワーとは

バガンタワーは高さ約60mを誇り、バガンのパゴダ群を一度に眺めることができる展望台です。

観光客用に建てられたので、とてもきれいな建物でウェルカムドリンクまでもらえます。しかしあまり集客できていないようで、入場料はたった5ドルとかなりお得です。

そして快適なロビースペースと、貴重な展示品やおみやげも置いてあります。

おすすめな理由①

バガンタワーがおすすめな理由はバガンの平原全体を眺められる点です。タワー屋上にある展望台からは多くのパゴダを眺めることができます。望遠レンズがあれば主要なパゴダも写真に収めることができます。

おすすめな理由②

続いてのおすすめな理由は静かな時間を過ごすことができる点です。このタワーは比較的すいており、僕が訪れた午後の時間は僕1人しかいませんでした。ただし、夕日の時間になると団体の旅行者がたくさん訪れます。50人以上の人でごった返すので、夕日を眺めたい方向を決めたら、場所取りをしましょう。

おすすめな理由③

さらにおすすめな理由は天候を楽しめる点です。展望台は窓ガラスのない半屋外空間なので、常夏のミャンマーでも涼しい風が抜けていきます。また雨季に訪れると雨雲の境界を見ることができ、雨の降っているところと晴れているところの違いを見ることができます。

おすすめな理由④

最後におすすめする理由は異なる高さからバガンの平原を眺められる点です。展望台から地上へはエレベーターだけでなく外階段もあるので、降りる時に階段を使えば、徐々にローアングルになるバガンの平原を楽しむことができます。

情報まとめ

料金:5USドル
時間:6:00~22:30
移動:Eバイクやトゥクトゥク、タクシーで行けます



無料でも行ける【ビューポイントの丘】

続いてはEバイクを利用する場合のおすすめスポットです。バガンの平原にはパゴダを眺めるのに適した丘がたくさんあるので、その丘がビュースポットとなっています。

おすすめな理由①

おすすめな理由の1つは無料ということでしょう。バガンタワーでも5ドルしかとられませんが、全くお金がかからない方がうれしいですよね。特別な施設があるわけではないので、水は持参しておくことをおすすめします。

おすすめな理由②

もう1つの理由は丘がたくさんあることです。バガン平原内にいくつも丘があり、様々なアングルからパゴダを眺めることができます。

情報まとめ

料金:無料
時間:日没までがおすすめ(暗闇の平原を運転するのは危険)



パゴダ観光の穴場【宿から眺める】

最後はパゴダ観光の意外な穴場を紹介します。
その以外な穴場とは…
そう、ホテルやゲストハウスから眺める方法です。特にオールドバガンやニューバガンにはパゴダのすぐ近くに宿があるので、目と鼻の先でパゴダを楽しむことができます。

おすすめ理由①

まずは一石二鳥と言う点でしょう。宿なので好きな時間にパゴダを眺めることができます。特にサンライズを見たい場合は早起きして、さらにスポットまで移動しなければならないので、早起きが苦手な人は宿から眺めるのがおすすめですね。

おすすめ理由②

もう1つの理由は食事ができる点です。バガンタワーでもレストランが併設されていますが、窓ガラスがあるので写真が撮りたい人には向きません。宿の屋上から眺める場合は何も邪魔するものがないので、とても快適です。おいしいコーヒーと朝食をとりながら眺めるパゴダは最高ですよ。

おすすめの宿【マニサンダホテル】

僕が宿泊したのはマニサンダホテルという宿で、比較的簡単なつくりの個室ですが綺麗な部屋でした。

朝食会場からパゴダを見る

そしてなんといってもここの宿には屋上の朝食会場があります。目の前に広がるパゴダを見ながら朝食をとれるので、とても優雅な時間を過ごせました。

レンタルEバイク

過去の記事でも書きましたが、この宿はとても安いレンタルバイク屋さんと提携しています。

1日レンタル
6,000MMK(約420円)

情報まとめ

住所:Corner of 7th Street x Hnin Si Street, Kyansitthar Quarter, New Bagan
料金:19USドル/泊

まとめ

いかがでしたでしょうか。バガンに来たら是非高いところからの絶景を眺めてみてください。地上で見る何倍もかっこいい風景が広がりますよ。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

関連記事

ヤンゴン国際空港から市内への行き方【アクセス】

ヤンゴン空港からバスでアクセス【エアポートシャトルバス】 ヤンゴン国際空港から市内(ダウンタ

記事を読む

短い日程でも大丈夫!ヤンゴン観光【弾丸旅行】

ヤンゴンの観光名所【過密日程でも押さえたいスポット】 皆さんこんにちは!世界一周後は

記事を読む

Eバイクで仏塔巡り【バガンのおすすめパゴダ】

古都バガンのパゴダ観光編 今回はバガンにある仏塔(パゴダ)をレンタルEバイク(電動バ

記事を読む

バガンのおすすめレストランやカフェ【レストランストリート】

ニャウンウーのレストランストリート【おすすめカフェ】 皆さんこんにちは!旅をするとカ

記事を読む

ニャウンウー村を散策【ミャンマー人の生活】

ニャウンウーのローカルな暮らしを見る まだまだ未知の国、ミャンマー。現地の人々はどの

記事を読む

バガン空港やバスターミナルから市内への移動【ニャウンウー・ニューバガン・オールドバガン】

ニューバガン・ニャウンウーとバスターミナルや空港へ【アクセス】 こんにちは!サラリー

記事を読む

アウンミンガラーバスターミナルから空港や市内への行き方【アクセスや情報】

アウンミンガラーバスターミナルでの食事や移動手段 皆さんこんにちは!旅にでるとバス移

記事を読む

バガンでバイクトラブル【旅のアクシデント】

雨季のバガンでアクシデント【現地の人や仏様に助けられる!?】 旅にはアクシデントが付

記事を読む

バガンのおすすめパゴダ【シュエズィーゴン・パゴダ】

バガンに広がるパゴダの種類やおすすめ 今回も引き続きバガンのパゴダについて書いていき

記事を読む

シュエダゴン・パゴダへバスでの行き方【アクセス】

ミャンマーの世界遺産【シュエダゴン・パゴダ】 皆さんこんにちは!教会やモスク、寺院等

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク

ドンムアンでトランジットの過ごし方【プライオリティパス不要なミラクルラウンジ】

ドンムアン空港で乗り継ぎ!深夜の空き時間をラウンジで

ヤンゴン国際空港から市内への行き方【アクセス】

ヤンゴン空港からバスでアクセス【エアポートシャトルバス】 ヤン

ヤンゴン・セントラル駅【環状線と日本の車両】

ヤンゴンのローカル鉄道【昭和の鉄道】 皆さんこんにちは

シュエダゴン・パゴダへバスでの行き方【アクセス】

ミャンマーの世界遺産【シュエダゴン・パゴダ】 皆さんこ

短い日程でも大丈夫!ヤンゴン観光【弾丸旅行】

ヤンゴンの観光名所【過密日程でも押さえたいスポット】

→もっと見る

  •  

    2016~2017年に東周りで世界一周しました。
    『旅日記』とビザや移動、裏技などの『旅情報』を書いています。今後は旅中に書けなかった詳細や、世界一周中に訪れた国だけではなく、今まで訪れたすべての国の『旅情報』を更新していきます。

    Name : Green
    Age : Around 30
    世界一周中に訪れた国数 : 52
    人生で訪れた合計の国数 : 70

    大学を卒業後、建築士として5年間住宅の設計をしていました。脱サラ後は約2年間のオーストラリア生活を経て、世界一周の旅へ。帰国後は外資系企業に再就職し、デザイン関係の部署にて日々奮闘中です。現在は『企業に雇われながら旅人を続ける方法』を実践中です。

    写真素材のピクスタ

    また『世界中の写真』を上のバナー先(PIXTA)にまとめてアップしています。

  • 世界一周お役立ち情報【準備や裏技】

    アジア
           

    北米
     

    中米
       

    南米
          

    アフリカ

    欧州(シェンゲン)
                       

    欧州(非シェンゲン)
                

    中東

    大洋州
      

  • 旅情報のおすすめリンク先「Trip-Partner

PAGE TOP ↑