*

メルボルンの隠れた観光スポット【街歩き】

メルボルンを散歩

今回はメルボルンCBD内を街歩きした時の情報です。ベタな観光名所ではないメルボルンの楽しみ方を紹介しようと思います。

メルボルンの街の特長

まずはメルボルンを街歩きするにあたって、この街の特長をあげてみようと思います。

ジャカランダ

春(11月頃)に街を歩いていると紫色の桜のような木を見かけます。これはジャカランダという木で世界三大花木のうちの一つです。メルボルンだけでなくオーストラリア全土で見ることができます。街中が紫に染まる様子は大変美しいので、是非南半球が春の時期に訪れてみましょう。

トラム

メルボルンはトラムがとても発展しています。電車(メトロ)とバスもありますが、街の中心地を移動する際はトラムで移動することをおすすめします。なぜならば街の中心ではほとんどの区間でトラム運賃が無料になるからです。

また35番トラムに乗ればメルボルンCBDの外周を周回することができます。無料区間以外でトラムを利用するには myki (マイキー)カードという日本のSuicaのような磁気カードを使用します。

マイキーカードについてはこちらの記事に書いています

ストリートアート

メルボルンでは街中でも郊外でもたくさんのストリートアートを見ることができます。結構な頻度で塗り替えられているので、同じ道でも時期を変えれば違うアートに出会うことができます。街を歩き回ってお気に入りを見つけてみましょう。

ストリートアートの記事はこちら

ヤラ川沿い

続いてメルボルンCBDの南を流れるヤラ川周辺を散策します。

フェデレーションスクエア近くのカフェ

フェデレーションスクエアからヤラ川沿いの遊歩道に降りることができます。そこにはカフェやアイスクリーム屋さんなど優雅な時間を過ごせるお店が並んでいます。是非ここで午後のひと時を過ごしてみましょう。

フリンダースストリート駅近くのビアガーデン

夜になるとフリンダースストリート駅近くのビアガーデンが盛り上がります。対岸から見ていても雰囲気がよく、皆ビールを片手に快適な時間を過ごしています。

DFO サウス・ワーフ(アウトレットモール)

ヤラ川沿いを西に進むとDFO サウス・ワーフと呼ばれるアウトレットモールがあります。この辺りまで来ると芝生が広がるエリアもあり都会の喧騒から離れて静かに過ごすことができます。

高層ビル群

川沿いから街の中心にそびえる高層ビル群を見ることができます。夕方になると夕日に照らされたビル群が黄金に輝きます。

地元住民の憩いの場

CROWN CASINO

この国にはカジノがあります。カジノと言っても18歳以上であれば、誰でも入場可能です。ラスベガスのようにかしこまった格好をする必要もありません。ただし日本人は若く見られるので必ずパスポートなどの身分証を持っていきましょう。雰囲気を味わうだけでも面白いのでギャンブルをしない方でも是非訪れてみてください。

ドックランズ

比較的新しいエリアでドックランズ・スタジアムメルボルン・スターと呼ばれる観覧車などがあるベイエリアです。特におすすめなのはドックランズ図書館です。ここはビクトリア州立図書館に比べればマイナーで小さい図書館ですが、海に面した立地と比較的新しい建築であるため、とても居心地がよいです。人も少ないので勉強や作業をする人にはおすすめの空間です。

ストリートミュージシャンや大道芸人

街中を歩いていると多くのパフォーマーを見かけます。これは世界中どこも同じですね。

特にフェデレーションスクエアやデパートが集まるバークストリートに行くと多くのパフォーマーに会うことができます。

メルボルンの裏路地

メルボルンにはおすすめの裏路地がたくさんあります。有名な通りだけでなく僕が個人的に好きな路地も紹介していこうと思います。

Degraves St(デグレーブスストリート)

メルボルンにある有名な裏通りの1つです。オープンカフェが軒を連ね、おしゃれなレストランもたくさんあります。ベタな観光スポットではありますが、ここでお茶の時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

McKillop st(マッキロップストリート)

オフィス街近くにある通りです。何気ない通りですが少し登坂になっていて、抜けた先ではトラムが横切ります。

Guildford lanes(ギルフォードレーン)

メルボルンCBDの北側にはGuildford lane(ギルフォードレーン)という通りがあります。その辺りは古いレンガ造りの建築が残っておりロンドンの裏路地のような雰囲気です。また、以前の記事で紹介したカフェKRIMPER(クリンパ―)はこの通りにあるので是非寄ってみてください。

KRIMPER(クリンパ―)の記事はこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はあてもなく街を散歩した時の情報を中心にまとめてみました。メルボルンは少し歩くだけで色々な発見がある街ですので、観光名所だけでなく、是非街歩きをしてみてください。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

関連記事

エアーズロックリゾート【格安バッパーと無料シャトルバスの時間】

エアーズロック周辺の施設 今回はシドニーから1泊2日で エアーズロックを訪れたときの

記事を読む

シドニーのおすすめ観光名所【ロックス】Part1

オーストラリアの始まりの町ロックス 今回はシドニー観光で 外すことのできない町

記事を読む

【メルボルン観光おすすめ】ストリートアートの落書き通りHosier lanes

落書きストリートHosier lanesの場所 今回からは遂にメルボルン編です。 メ

記事を読む

メルボルンの蒸気機関車パッフィンビリー鉄道【ベルグレイブへの行き方】

パッフィンビリー鉄道【Puffing Billy Railway】 今回はメルボルンの郊外

記事を読む

シドニーの建築と街

シドニーの現代建築から伝統建築まで 今回は僕がシドニーに 滞在していた時(2014~

記事を読む

寄付制レストランLentilでボランティア体験【セントキルダのレンティル】

Lentil As Anything St Kilda 前回に引き続きメルボルンのセ

記事を読む

シドニーの語学学校の授業内容【ABILITY English】

語学学校の授業の様子 前回は語学学校の レベル分けテストなど 初日の内容を紹介

記事を読む

野生のペンギンがいるセントキルダビーチ【メルボルンのビーチ】

St Kilda Beach散策 前回まででロシア編はおしまいです。今回からは再びオ

記事を読む

シドニーの野生のカンガルーおすすめスポット【モリセットパーク】

モリセットパーク電車と徒歩での行き方【アクセス】 今回はシドニー近郊にある モリセッ

記事を読む

メルボルンの代名詞ブライトンビーチ小屋【電車でアクセス】

ブライトンビーチの小屋【メルボルン観光スポット】 前回はメルボルンの森の中を走る 蒸気機関車を

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク

ドバイの砂漠ツアー【砂漠に宿泊】

現地ツアーで行くデザートサファリ 今回はドバイの砂漠ツ

ドバイの旧市街観光【バスタキヤ】

ドバイ市内散策 今回はアラブ首長国連邦(UAE)の首長

上海の表と裏

西洋建築と東洋文化 今回は上海の中心地を観光した時の内

スターバックスロースタリー上海【世界最大のスタバ】

上海スターバックスロースタリーの場所 今回は人生で3回

飛行機遅延で乗り継ぎ(トランジット)が間に合わない【国際線の事例】

飛行機遅延で補償を受ける【中国東方航空の対応】 今回は

→もっと見る

  •  

    2016~2017年に東周りで世界一周しました。
    『旅日記』とビザや移動、裏技などの『旅情報』を書いています。今後は旅中に書けなかった詳細や、世界一周中に訪れた国だけではなく、今まで訪れたすべての国の『旅情報』を更新していきます。

    Name : Green
    Age : Around 30
    世界一周中に訪れた国数 : 52
    人生で訪れた合計の国数 : 69

    大学を卒業後、建築士として5年間住宅の設計に従事。脱サラ後は約2年間のオーストラリア生活を経て、世界一周の旅へ。帰国後は外資系企業に再就職しデザイン関係の部署にて日々奮闘中。現在は『企業に雇われながら旅人を続ける方法』を実践中。

  • 世界一周お役立ち情報【準備や裏技】

    アジア
           

    北米
     

    中米
       

    南米
          

    アフリカ

    欧州(シェンゲン)
                       

    欧州(非シェンゲン)
                

    中東
     

    大洋州
      

PAGE TOP ↑