*

メルボルンの現代建築と伝統建築

メルボルンにも日本人建築家の足跡

メルボルンには建築家の設計による現代建築から、古き良きヨーロッパの伝統建築まであります。 またジブリのモデルになったと言われる建築もあり見どころ満載です。そんなメルボルンの建築達を見ていきましょう。

Federation Square(フェデレーションスクエア)

まずは現代建築から紹介します。Flinders Street Station(フリンダースストリート駅)の目の前にある広場がFederation Square(フェデレーションスクエア)です。そしてそこに建つ不思議な形をした建築がイアン・ポッター・センター・ナショナル・ギャラリー・オブ・ヴィクトリアです。

施設

施設自体はビクトリア国立美術館の別館となっており、現代アートからアボリジニーアートまで展示されており満足できる内容となっています。そしてなによりも入館料はなく無料で見学できます。

設計

この建築は1997年にコンペを勝ち取ったLAB建築スタジオBates Smart Architectsが共同で設計を行いました。ガラス、亜鉛、砂岩で構成された外壁が印象的ですが、空間的には内部の方がとても興味深いです。

エントランス

エントランスに立つと幾何学模様に組まれたの骨組みが迎えてくれます。足元にはそのまま幾何学模様の影が落ちるので不思議な空間体験ができます。

リベスキンドのような世界

内部は床意外すべてが斜めに作られています。鋭角の空間や不思議な形の窓などを見ているとある有名建築家の名前が浮かびます。

そう、ダニエルリベスキンドです。彼の代表作はデンバー美術館で、シャープでとてもかっこいい建築を設計することで有名です。僕は世界一周中に訪れたマンチェスターで初めて彼の建築を目にしました。

マンチェスターの記事はこちら

賛否両論ありますがフランクゲーリーやダニエルリベスキンドがつくる脱構築主義の建築は最高にワクワクしますね。

フランクゲーリーの記事はこちら

Melbourne Central(メルボルンセントラル)

メルボルンセントラルは大型の複合施設で、ショッピングセンターやオフィスビル、鉄道の駅が入っています。そして設計は日本の偉大な建築家、黒川紀章です。国立新美術館を設計したことでも有名ですね。元々この土地には19世紀に建てられた瓦造りの鉛銃弾を製造する工場のタワーがありました。今では既存のこのタワーを残し、その頭上にガラスの円錐が設計されています。そう、彼の代名詞である円錐がしっかりとこの建築にも組み込まれています。

Flinders Street Station(フリンダースストリート駅)

言わずと知れたメルボルンのランドマークですね。オーストラリアで最初につくられた駅で1854年に完成しました。黄色いエドワード王朝風の駅舎が特徴的で歴史的建造物にも認定されています。

また、この駅舎の時計塔はジブリ映画の魔女の宅急便のモデルになったと言われています。まぁ確かに似てはいますが真相はわかりません。

State Library of Victoria(ビクトリア州立図書館)

オーストラリアで最初につくられた図書館でフリンダースストリート駅同様1854年に完成しました。見どころはなんと言ってもこの図書館の中心にあるドームギャラリーですね。巨大な吹き抜け空間に放射状の机が並んでいる様は圧巻です。また以前紹介したカフェや美術館も備えており、無料WiFiも飛んでいます。

Royal Arcade(ロイヤルアーケード)

1870年にオープンしたアーケードで美しいビクトリア様式の建築です。高級ブティックなど様々なテナントが入っており洗練されたデザインでかっこいい空間が出来上がっています。天窓が設けられているので、柔らかな自然光も落ちてきて美しさをより際立たせます。

またメルボルンで有名なチョコレート専門店のKoko Blackも入っています。おみやげ探しに最適なアーケードですね。

Block Arcade(ブロックアーケード)

こちらは1893年につくられたアーケードでロイヤルアーケード同様に美しいビクトリア様式の建築です。美しいアーチの連続が見られるこの空間はミラノのガレリアをモデルにしてデザインされたと言われているようです。ガレリアよりも小さいので細かい彫刻にまで目をやることができます。

ミラノのガレリアの記事はこちら

王立展示館

最後は前回の記事でも紹介した王立展示館です。カールトン庭園内にある建築でメルボルンで唯一の世界遺産となります。個人的にはメルボルンで一番好きな建築です。
詳細は前回の記事を参照してください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。メルボルンには他にも美しい伝統建築や近代的な高層建築がたくさんあります。メルボルンを訪れる際は美しい街並みだけでなく是非建築にも注目してみてください。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

関連記事

採っても採っても終わらね~し、腰が大爆発!【カプシカム地獄】

ファーム生活の1日の流れ 今回はファームでの 実際の1日を振り返りながら 労働

記事を読む

メルボルン中心地CBDおすすめカフェ5選

メルボルンの有名カフェ 前回はメルボルンで最も人気のあるカフェSEVEN SEEDS

記事を読む

マナーや食事、ホームステイの実態【オーストラリアのワーホリ】

シドニーでホームステイ 今回からはワーホリで滞在していた オーストラリアの内容を書い

記事を読む

オーストラリアの時給ファームの探し方【ワーホリ必見】

コネなし自力で時給ファームを探す方法 今回はオーストラリアの ワーキングホリデーセカンドビザ

記事を読む

シドニーの野生のカンガルーおすすめスポット【モリセットパーク】

モリセットパーク電車と徒歩での行き方【アクセス】 今回はシドニー近郊にある モリセッ

記事を読む

シドニーの語学学校の初日【ABILITY English】

語学学校の授業の様子 さて、前回に引き続き オーストラリアの 語学学校について

記事を読む

ワーキングホリデー編【オーストラリア】

ファーム、英語学習、生活、観光など 僕は世界一周の旅に出る前に ワーキングホリデービ

記事を読む

オーストラリアのファーム生活【のんびりとした時間4ヵ月】

エアーにてカプシカムピッキング【Capsicum】 今回はオーストラリアのファームで どのよう

記事を読む

ファームジョブ準備に必要な10品目【持物】

ファームで働くためにあると便利なもの 今回はファームで働く際に 必要なものを紹介しま

記事を読む

日帰りグレートオーシャンロード観光【バスツアーよりもレンタカー】

自力で行くのがおすすめグレートオーシャンロード 長かったオーストラリア編も今回で最後

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク

ムトラ(マトラ)観光【定番観光スポット】

オマーンの首都マスカットを観光 今回はオマーンの歴史あ

マスカット国際空港からマトラへバスでの行き方【アクセス】

マスカット国際空港からアクセス【路線バスとルートタクシー】

ドバイにある巨大な人工島を観光【パームジュメイラ】

パームジュメイラに滞在 今回はドバイにある人工島パーム

ブルジュ・ハリファ展望台料金など情報まとめ【At the top】

世界一高いビルへ【At the top】 前回はブルジ

ブルジュ・ハリファ展望台への行き方【ドバイモールのフロアマップ】

展望台受付の場所【At the top】 今回は世界で

→もっと見る

  •  

    2016~2017年に東周りで世界一周しました。
    『旅日記』とビザや移動、裏技などの『旅情報』を書いています。今後は旅中に書けなかった詳細や、世界一周中に訪れた国だけではなく、今まで訪れたすべての国の『旅情報』を更新していきます。

    Name : Green
    Age : Around 30
    世界一周中に訪れた国数 : 52
    人生で訪れた合計の国数 : 69

    大学を卒業後、建築士として5年間住宅の設計に従事。脱サラ後は約2年間のオーストラリア生活を経て、世界一周の旅へ。帰国後は外資系企業に再就職しデザイン関係の部署にて日々奮闘中。現在は『企業に雇われながら旅人を続ける方法』を実践中。

  • 世界一周お役立ち情報【準備や裏技】

    アジア
           

    北米
     

    中米
       

    南米
          

    アフリカ

    欧州(シェンゲン)
                       

    欧州(非シェンゲン)
                

    中東

    大洋州
      

PAGE TOP ↑