メルボルン

メルボルンの蒸気機関車パッフィンビリー鉄道【ベルグレイブへの行き方】

更新日:

パッフィンビリー鉄道【Puffing Billy Railway】

今回はメルボルンの郊外

ベルグレイブ(Belgrave)から出ている

オーストラリア最古の保存鉄道

パッフィンビリー鉄道(Puffing Billy Railway)

を紹介します。

パッフィンビリー鉄道では

蒸気機関車が走っており

メルボルン近郊の大自然を

列車の中から満喫することができます。

今回は情報をまとめるので、

実際に僕が乗車した時の様子は次回書きます。

ベルグレイブへの行き方

パッフィンビリー鉄道は

メルボルンの中心から

電車で1時間ほど東行った場所にある

ベルグレイブという駅から乗ることができます。

サザンクロスからベルグレイブ【アクセス】

まずはベルグレイブへの行き方を紹介します。

何も難しいことはありません。

メルボルンの中心駅

サザンクロス駅(Southern Cross station)

に向かいます。

そこから出発するベルグレイブ駅行きの電車に乗るだけです。

サザンクロスからベルグレイブ【所要時間】

所要時間はだいたい1時間です。

ベルグレイブ駅に到着したら

駅舎を出るのではなく、

プラットホームの先端まで行き

そのままフェンスの先の森に向かいましょう。

森の中を3分程歩くと

パッフィンビリー鉄道の駅に到着します。

サザンクロスからベルグレイブ【料金】

マイキーカード(後述)を使い

3.7ドル(片道)で行くことができます。

ちなみに2時間以内の移動ならば

この料金で

どこまでも行くことができます。

マイキーカード

メルボルンには

マイキーカード(myki)

という日本のSuicaのようなカードがあります。

金額

カード自体の料金は以下の通りです。

大人 6ドル

子供 3ドル

これに使う分の金額をチャージしながら

利用していくことになります。

マイキーカード販売の場所

マイキーカードは主要な駅や

街中の売店、

そしてなんとセブンイレブンでも

購入することができます。

チャージも販売所でできますが、

駅の自動券売機の方が楽でしょう。

ちなみにチャージすることを

メルボルンではトップアップ(top up)と言います。

パッフィンビリー鉄道の詳細【料金】

パッフィンビリー鉄道のチケットは

予約もできますが、

ベルグレイブに着いてから

当日券を買うこともできます。

行先によって金額が異なっています。

終点のジェムブルック(Gembrook)

68ドル(往復)

エメラルド(Emerald) or レイクサイド(Lakeside)

51.5ドル(往復)

このアクティビティでは

ひたすら汽車に揺られることが

目的になります。

途中駅のレイクサイドまで(約2時間)でも

十分楽しめるので、

僕はレイクサイドまでにしました。

レイクサイドにて

帰りの汽車を待つ時間も

有意義に過ごすことができます。

注意事項とアドバイス

上着を持参すべし

次の記事で詳細を書きますが、

列車は基本的に窓を開けたまま走ります。

したがって時期と天候によっては

意外と寒いです。

僕は12月(南半球では夏)に行きましたが、

半袖だけでは寒かったですね。

レイクサイド駅での時間の使い方

レイクサイド駅には

ご飯を食べられるところが

1ヵ所あるだけで

特に面白いものはありません。

折り返しの列車を待つ間は

結構暇になります。

僕のような写真好きの人は

自然の中の踏切や線路の写真を

撮るだけでも十分楽しめますが、

一般的には時間を持て余すでしょう。

こんな人におすすめ

自然が好きな人

電車(汽車)が好きな人

写真が好きな人

ゆっくりした時間が好きな人

このような人は間違いなく楽しめるでしょう。

逆に色々と忙しく観光したい人には

あまり向かないかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は情報をまとめるだけで

いっぱいになってしまいました、

次回は実際に僕が訪れたときの様子を

紹介していきたいと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-メルボルン

Copyright© Road to EAST , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.