シドニー

日本人の少ない語学学校【ワーホリinシドニー】

更新日:

シドニーの語学学校の実態

今回はシドニーの語学学校で

英語を勉強していた時の話です。

オーストラリアには多くの日本人がいて

英語を学びたいのに

日本語環境になってしまう人の話をよく聞きます。

そこでシドニーでも

日本人の少ない環境で英語を学ぶ方法を

お伝えしようと思います。

語学学校の使い方【おすすめ】

英語を学ぶ環境を整える

まず最初に、

本気で英語を学ぶには

行動のすべてを英語化する必要があります。

英語を「話す」「聞く」「読む」「書く」

つまり日本語の通じない人達と行動

テレビやYOUTUBEも英語のものを見て、

音楽も洋楽を聞く。

何かをメモする時も英語で書き、

そして

ネットで検索する時も英語を使うこと。

つまり

この記事を読んでいるということは

英語環境がつくれていませんね…。

…。

…。

…。

という厳しすぎることは言いません。

知らない国で生活するのです。

なれるまでは日本語も少し使っていきましょう。

語学学校のレベル

まずは英語で話せる仲間を作りましょう。

そのためには

語学学校に入学する時点で

上位レベルのクラスに入る必要があります。
(Upper-intermediate, Advance)

語学学校のクラス分け

Advance

Upper-intermediate

Intermediate

Pre-intermediate

Elementary

大体どこの学校もこのように

5段階のクラスがあります。

ワーホリでオーストラリアに来る日本人は

Pre-intermediate, Elementary

からスタートする人が大半です。

中学で学んだ英語の基礎を

なんとなく覚えているレベルです。

しかし、ここからスタートしていては

英語が話せるようになるまでに

だいぶ時間もお金もかかります。

貴重なワーホリ期間を無駄にしない為に、

物価の高いオーストラリアで生活する為に、

上位クラスを目指しましょう。

その為には

ちょっとした準備が必要です。

上位クラスからスタートするために

ではどうすれば上位のクラスから

スタートできるのでしょうか…。

…。

…。

…。

答えは1つ

オーストラリアに訪れる前に勉強する

ことです。

と言っても自力で勉強するだけでは

読み書きやリスニングの能力を伸ばせても

肝心なスピーキング

伸ばすことができません。

…。

…。

…。

そこでスピーキングの基礎力を付ける

必殺技を紹介しましょう。

二ヵ国留学

必殺、二ヵ国留学です。

最近はだいぶ有名になってきたので

この言葉を聞いたことがある人も多いでしょう。

二ヵ国留学とは

オーストラリアやカナダに

ワーホリで訪れる前に

フィリピンフィジー

基礎英語を学ぶ方法のことです。

実際に僕もフィリピンに留学してから

オーストラリアを訪れました。

残念ながら

僕は元々の英語力が弱かったので

オーストラリアの学校では

Upper-intermediate

ではなく

Intermediate

からスタートしました。

それでもそのシドニーの語学学校の

Intermediateクラスには

12人の生徒がいて

そのうち日本人は僕を入れて

2人だけでした。

ほぼ完全な英語環境を手に入れたので

その後は

嫌でも英語力が伸びていきました。

まとめ

さて、二ヵ国留学で

フィリピンに留学した時の話は

また後日紹介します。

次回は僕が実際に

シドニーで通っていた

語学学校の内容と

どのようなことを学ぶのか

具体的な授業内容を含めて

紹介しようと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-シドニー

Copyright© Road to EAST , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.