シドニー

シドニーの建築と街

更新日:

シドニーの現代建築から伝統建築まで

今回は僕がシドニーに

滞在していた時(2014~2015年)に訪れた

建築や街並みを紹介します

ビクトリア様式の住宅

まずは普通の住宅街です。

シドニー中心部の住宅街は

基本的に長屋形式の住宅で形成されています。

隣の家と壁を共有しており、

道路面にバルコニーと

小さな前庭やポーチがあり

建物裏に庭があります。

ビクトリア様式のテラスハウスが多く、

特にバルコニーなどに

そのデザインが顕著に表れていますね。

僕もこのようなビクトリア様式の住宅の

一室を借りて住んでいました。

やはり古いためGにたくさん遭遇しますが、

バルコニーでコーヒーを飲みながら過ごす時間は格別でした。

QVB(クイーン・ヴィクトリア・ビルディング)

続いても伝統的なデザインの建築、QVBです。

QVBはジョージストリートに面している

ロマネスク・リヴァイヴァル様式の建築です。

現在はショッピングセンターとなっていますが、

昔はコンサートホールとして

使われていたこともあり、

美しく装飾された

幻想的な空間が広がっています。

吹き抜け

3層吹き抜けの空間には

天井から自然光が降り注ぎ

高級感を保ちつつ

優しい空間を演出しています。

ステンドグラス

エスカレーター付近には

美しいステンドグラスも

設置されています。

エレベーター

ここのエレベーターは特長的で

ぐるりと回る階段の真ん中を

壁面がシースルーのエレベーターで

上下します。

少し千と千尋の神隠しを思い出させます。

また、木製のエレベーターというのが

味があってよいですね。

セントメアリー大聖堂

ゴシック・リヴァイヴァル建築による大聖堂で、

オーストラリアのカトリックの中心となっています。

ハイドパークという

シドニーの中心にある

巨大な公園に面しており、

公園とセットで楽しむことができます。

クリスマスの時期になると、

正面の壁面でプロジェクションマッピングが行われます。

普段の静かで神聖な様子とは異なり、

鮮やかな光に包まれ、

ポップな雰囲気になります。

NSW州立図書館

このかっこいい外観の建築は州立図書館で、

こちらもハイドパーク近くに立地しており、

セントメアリー大聖堂と一緒に訪れることができます。

外観だけでなく内部もカッコいいです。

エントランスホールは巨大な柱によって

支えられた吹き抜け空間になっており、

まるで博物館のようです。

また、開架式書庫になっている

メインの読書スペースには

壁面全体に本棚が設置してあり、

2,3階部分にはキャットウォークがあります。

天井から外部の光が柔らかく届くように設計されており、

本を読みながら

天候の変わりやすいシドニーの空を

感じることができます。

シドニー工科大学(CCW棟)

さて、久しぶりのグネグネ建築

フランク・O・ゲーリーです。

世界一周の旅では

意図したわけではなく

たまたま4つほど

彼の建築を訪れていました。

ゲーリー建築達はこちら

シドニー滞在は

僕が一眼レフカメラにハマる前であり

しかもこの建築も工事中だったということもあり、

写真が1枚しか残っていませんでした…。

しかしこの1枚からも、

彼の建築の特長が見てとれますね。

このシドニー工科大学では

レンガを積み上げて曲線を作るという

奇抜なことをやっています。

そのレンガブリックも砂岩を用いるなど

この地域伝統のやりかたを継承しています。

個を主張している彼の

ピカピカ、グネグネ建築に

地域と伝統というカテゴリーも加わった作品ですね。

ビルを使ったテトリス

夜シドニー市内を歩いていると

不思議な光を発する建築を発見しました。

なんと、閉館したビルの窓を使って

テトリス

が行われています。

ブロックが左から右に積まれていき、

明らかに誰かがプレイしているようです。

シドニーは斬新なことをやりますね。

高層ビルからのシドニーの街

シドニーの5つ星ホテルで

ハウスキーパーとして働いていた時に

撮影したシドニーの街です。

やはり街の中心の

高層階から見る景色は面白いですね。

写真はキングスクロス駅方面です(東方面)

左下に見えるのが

NSW州立図書館や

セントメアリー大聖堂の近くにある

ハイドパークです。

遠くには海も見え

シドニーが港町であるのが一目でわかりますね。

こちらはダーリングハーバー方面(西方面)

手前には高層ビル型の高級ホテルが見えます。

続いて先に紹介したQVBを上から見た写真です(北方面)

そのすぐ右を縦に走る道路が

ジョージストリートで

以前の記事で紹介した

Rocksエリアに繋がります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

シドニーの建築や街の様子が

少しでも伝わったでしょうか。

いかんせん写真のクオリティが

下がってるのが気がかりですが、

メルボルン編では

またかっこいい写真に戻る予定です。

さて、次回も

もう少しシドニーを紹介します。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-シドニー

Copyright© Road to EAST , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.