マヤ文明の謎に迫る【ティカル遺跡観光】

4ヵ国目 グアテマラ

ダブル世界遺産のティカル遺跡

皆さんこんにちは!
世界一周トラベラーのGreenです。

今回も引き続きグアテマラ編です。
マヤ文明で最大規模を誇る、ティカル遺跡を見学した時の様子を紹介します。

ティカル遺跡とは

世界文化遺産と世界自然遺産

ティカル遺跡はまたの名を、ティカル国立公園と言い、グアテマラ北部の森の中にあります。

このティカル国立公園は世界遺産の、世界文化遺産世界自然遺産、両方に登録されているダブル世界遺産の場所なんです。

そんな珍しい世界遺産のティカルは、マヤ文明の政治や経済の中心として4~9世紀頃に栄えていた大都市だったようです。

その為なんと3000以上の遺跡が眠っているんです!

マヤ文明とは

マヤ文明についても簡単に触れておきましょう。

マヤ文明は中米地域約2500年もの間栄えていた文明なのですが、9世紀頃に一斉に消滅してしまったという謎が残されています。

今回訪れたティカルの地域では、紀元前12世紀頃から人が住み始めたと言われています。
また現存する遺跡は7世紀頃のものになっているようです。

ティカル遺跡見学ツアー

バンに揺られて出発

ティカル遺跡のツアーは最寄りの町であるフローレスで予約しました。
基本的にはティカル遺跡までの送迎のみで、散策は自由にできるプランです。

どこの国でも同じですが、移動は基本的にバンです。
ノリノリのヨーロピアン達と共にギュウギュウに詰め込まれて走ります。

荷台に乗り込む人々

フローレスの町からティカル遺跡までは約1時間ほどです。

車窓を眺めているとトラックの荷台に、悲しい顔をしたが乗っていました。
何ともやるせない気持ちになっていると…。

なんと次の車には
大量の人が乗っています!

普通に移動手段として荷台に乗るんですね。
日本だったら捕まってしまいますが…。

ティカル国立公園を見学

受付と食料

車窓を眺めているとあっという間にティカル国立公園に到着しました。
まずは食料を買い込み、遺跡内の散策準備を整えます。

水は命です!
森の中を散策するので絶対にを持っていきましょう。

ティカル国立公園のエリアマップ

ティカル国立公園は基本的に森です。
そしてその森の中に各遺跡が点在している形になっています。

とにかく広いので、回る順番を決めておくとよいでしょう。

コンプレッホQ神殿

まず最初に訪れたのはコンプレッホQ神殿です。
ピラミッドの前には石碑祭壇が設置されており、すべて含めてコンプレッホと呼ばれるそうです。

またピラミッドの上まで登ることもできます。
意外と急な階段なので気を付けて登りましょう。

4号神殿

しばらく歩くと4号神殿に到着します。

4号神殿は741年に建築されており、双頭の蛇が刻まれていることから「双頭の蛇の神殿」とも呼ばれています。

また高さが約65mもあり、階段で上まで登れるようになっています。
一番上からの景色は最高でジャングルから顔を出す1号神殿2号神殿も見えます。

ミャンマーのバガン遺跡に並ぶ美しい景色が広がっています。

また、スターウォーズのロケ地としてもこの場所が使われていたようです。

5号神殿

5号神殿は550~650年頃に建築されたそうで、ティカル遺跡で2番目の高さを誇ります。
ピラミッドの角が丸みを帯びているのが特徴で、サポテカ文明の影響だそうです。

グランプラザ

ティカル遺跡のメインはここ、グランプラザです。

広場を囲う様に遺跡が残っており、1号神殿2号神殿アクロポリスがあります。

歩き疲れた体をいたわり、木陰に座ります。
森の中から聞こえる動物の声と共に、当時の生活を想像します。

この階段を歩いて、その通路を通り、ここで誰かと話す。
想像しているだけでワクワクが止まりません!

アクロポリス

アクロポリス居住エリアのことで、部屋のような空間が迷路のように残されています。

また、仮面の彫刻も残されており、必見ポイントですね!

1号神殿

グランプラザにある1号神殿は迫力満点です。
ジャガーの像があることから、「ジャガーの神殿」とも呼ばれています。

マヤ文明の冥界は9層からなるそうで、それが9段のピラミッドに表れていますね。

ティカル遺跡の大自然

セイバの木

続いてはティカル遺跡の自然にも目を向けてみます。

公園内には珍しい形をした木、セイバの木がたくさんあります。
セイバの木は約50mまで成長すると言われている木で、グアテマラの国木に指定されているそうです。

マヤでは聖なる木として崇められており、とても重要な木になっています。

ラピュタの世界

どこの遺跡を訪れても感じる、ラピュタ感がここティカルにもあります。

遺跡の石材が苔むしており、廃墟感が最高にかっこいいですね!

ハナグマ

公園内には野生動物もたくさんいます。

特にハナグマは複数で行動しており、かわいい表情がたまらないですね。

オセラト七面鳥

オセラト七面鳥という珍しい鳥もいます。

頭のぶつぶつはちょっと気持ち悪いですが、美しい色の羽を持っています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は複合世界遺産であるティカル遺跡を紹介しました。

マヤ文明には解明されていない不思議がたくさんあるんです。
実際に現地を訪れると、いろんな想像力が働くので、とても面白いですよ!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました