グアテマラのフローレスを観光

4ヵ国目 グアテマラ

マヤ遺跡の玄関フローレス

皆さん、こんにちは!
世界一周トラベラーのGreenです。

今世界はロシアとウクライナの戦争で大変なことになってますね…。
僕の過去記事でも戦争の爪痕に書いて書いていました。

セルビア
でのコソボ紛争

ボスニア・ヘルツェゴビナ
での紛争

ポーランド
での虐殺

同じような悲しい遺産がこれ以上増えないことを願います。

さて、ここからは気持ちを切り替えてグアテマラ編の続きを書いていきます。
今回はマヤ遺跡を見学するために多くの人が立ち寄る、フローレスを紹介します。

湖の島フローレス

フローレスはティカル遺跡などのマヤ文明の遺跡見学の拠点になる町です。

フローレス島はペテン・イツァ湖に浮かぶ島で、1本の橋で大陸と繋がっています。
日本で言う江の島のような感じです。

フローレスへの行き方【アクセス方法】

フローレスへはグアテマラの首都であるグアテマラシティから、飛行機で約1時間です。

僕の場合は滞在していたアンティグアからグアテマラシティまで行き、グアテマラシティから深夜バスに乗りました。

約8時間程かかりますが、料金は約2000円です。
飛行機の料金はバスの10倍はしますからね…。

ただ、以前も書いたようにグアテマラシティはかなり治安の悪い街です。
バス会社まで直行のタクシーで行き、バス会社からは一歩も出ないことをおすすめします。

フローレスを散策【観光情報】

坂の町

さて、フローレスを観光した時の情報をまとめていきます。

フローレスは湖に浮かぶ島なので、島の中央に向かって、登坂の多い町になっています。
カラフルな建築が細い路地にひしめき合っています。

カテドラル

坂の上にはフローレスのカテドラルがあります。
小さくてかわいい教会ですね。

常夏のフローレスですが、教会の中はひんやりしており扇風機も回っているで、小休憩がてら立ち寄ってみましょう。

運動場

カテドラルの目の前にはバスケットコートが設置されています。

さすがは中米ですね。
子供達がストリートバスケをやっていました。

常夏のフローレス

フローレスはとにかく暑いです。
小さな島ですが、歩き回っていると汗だくになるので、冷たいものを飲んで休憩しましょう。

湖沿いにたくさんの飲食店があるので、お店には困らないです。

水没する町

僕が訪れた時は町の一部が水没していました。
どうやら雨が降ると湖の水の量が増えて、町が沈むそうです…。

日本では中々見ることができない、体験ができますね。

フローレスの夕日スポット

夕方になると島の西側に多くの人が集まってきます。
無料で登ることのできる、わらぶきの夕日スポットもあり、多くの観光客であふれかえります。

静かな町で、沈みゆく夕日を眺める。
この島では感動的な時間を過ごすことができますね。

島の人々の生活

おじいちゃんは基本暇

最後にローカルの人達の暮らしを見てみましょう。
どこの国でも同じですが、おじいちゃんが道端で腰をおろして、新聞を呼んでいました。

旅人の相手をしてくれるのは、子供と高齢者が多いですね。

夕飯を釣る家族

夕方になると釣りをする人をたくさん見かけました。
おそらくその日の夕飯になるのでしょう。

トルコのイスタンブールでも、夕飯を釣っている人がたくさんいたことを思い出しますね。

移動販売のかき氷

グアテマラでもかき氷が売っていました!

移動販売方式でおじさんが頑張ってます。
ただ、カンボジアにて現地の氷の恐ろしさを知っている僕は手が出せませんでしたが…。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回はフローレスの町自体を紹介しました。

次回はティカル遺跡を訪れた時の情報をまとめたいと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました