*

世界一周ブログのメリット

ブログについて

今回は旅におけるブログの

在り方について書こうと思います。

ブログは

読み手にも書き手にも

とても重要なツールとなっています。

長期旅行だからこその

ブログのメリットを紹介します。

ブログのメリット

・荷物を減らせる

・マイナーな情報が手に入る

・どこでも情報が手に入る

・いつでも情報が手に入る

・記憶の定着に使える

・誰かの役に立つことができる

・お小遣いが稼げる

・写真撮影能力向上

・文章力向上

・物事をまとめる能力の向上

モバイル世界

さて今の時代は

旅に出ている人達の多くが

スマートフォンタブレット

ノートパソコンなど

何かしらのモバイル製品を

持ち歩いています。

宿や航空券の予約も

WiFiさえ飛んでいれば

どこででも行うことができます。

宿はもちろん

駅や図書館などの公共施設

マクドナルドやスターバックス

などの飲食店でも

WiFiにつなぐことができます。

何よりもすごいのは

発展途上国でも

大きな街であれば

どこかしらの施設で

WiFiが飛んでいます。

また最近では飛行機の機内でも

有料ではありますが

WiFiが飛んでいます。

そして

そんな時代だからこそ

情報が簡単に手に入ります。

旅とブログ(インプット)

まずは読み手側としての

ブログの在り方です。

メリット

短期の旅であればガイドブックを

持っていくことも可能ですが

長期旅行では

かさばるものを

持ち歩くとこができません。

そこで情報取集の手段として

インターネットが主流となります。

多くのWebサイトがありますが

個人が書いているブログ

とても役に立ちます。

その最大のメリットは

マイナーな地域の情報が手に入ることです。

特に移動手段の情報は

本当に重宝します。

もちろん現地の人間や

チケットオフィスで

情報を集めることも可能ですし

その方が旅情があるでしょう。

しかし少しでも

時間とお金を節約したければ

事前に情報を頭に入れておくことが必須です。

デメリット

デメリットは情報の正確さです。

企業が運営している

サイトではないので

情報が古かったり

間違っていることも多くあります。

また書き手次第では

旅日記になっていることもあれば

移動情報だけわかりやすく

まとめている人もいます。

したがってあくまでも参考データとして

頭に入れておき

最終的には自分で判断する必要があります。

これはブログだけではなく

ガイドブックでも同じことが言えますが…。

旅とブログ(アウトプット)

続いて書き手側

ブログのとらえ方です。

メリット①

僕が思う

ブログを書く最大のメリットは

思い出の整理です。

なぜならば

長期旅行をしていると

今いる国を楽しんで

次の国のことを考える。

そしてそれが繰り返される…

つまり

今いる国を振り返る時間

があまりないのです。

それではせっかくの楽しい思い出も

すぐに上書きされてしまいます。

短期旅行であれば

計画を立てるときにワクワクし、

実際に旅をしているときに噛みしめ

帰国後も思い出にふけることができます。

僕は旅において

このサイクルが

とても重要だと思っているので

ブログや日記で

旅を復習する時間

大切にしていました。

しかしそれならば

公開しなくても

日記でいいのではないか

という声が上がるでしょう。

そこで2つ目のメリットです。

メリット②

2つのメリットは

次の旅人の為に情報を残せる
(ボランティア)

お小遣いを稼ぐことができる
(収益コンテンツ)

の2点だと思います。

僕はボランティアと収益のバランスを

8:2くらいで考えていました。

ボランティアは

自己満足の世界だと思いますが

僕はそれでも

誰かの役に立つことが

できるのであれば

自分の経験を

活かしてほしい、

1人でも多くの旅人が

生まれてほしい

そんな思いでブログを書きました。

実際に移動情報やビザの情報などで

問い合わせがくると

嬉しいものです。

旅ブログは

ボランティア精神がある人には

もってこいのコンテンツですね。

そして

ボランティアだけではなく

お金稼ぎの手段としても

ブログを使うことができます。

旅の中で会う人々は

かなり稼いでいる人から

ほとんど利益がない人までいました。

メリット③

3つ目のメリットとしては

自分のスキルアップです。

ブログを投稿するということは

誰でも見ることができる状態になるので

あまり下手なことを書くわけにはいきません。

つまり必然的に文章を考える能力が身に着き

また写真を撮るテクニックも向上するでしょう。

まぁ僕のようにいつまでたっても

ダラダラした文章を書く人間もいますが…。

デメリット

デメリットはやはり

作業時間をとられてしまうことです。

あくまでも旅がメインであり

ブログはサブ要素です。

あまり収益を上げることや

記事を書くことに没頭して

旅自体をおろそかにしていては

本末転倒です。

まとめ

さて、だいぶ長くなってしまいましたが

旅ブログを

情報を得る手段として、

思い出を整理する手段として、

積極的に活用してほしいと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

関連記事

序盤の予定

小さな目的のある旅 さて、世界一周の旅に出る覚悟を決め準備も済ませました。 あとは旅立つのみ

記事を読む

飛行機遅延で乗り継ぎ(トランジット)が間に合わない【国際線の事例】

飛行機遅延で補償を受ける【中国東方航空の対応】 今回は飛行機の遅延により乗り継ぎ便に

記事を読む

世界一周準備【持ち物リスト】

世界一周に必要なもの【おすすめ】 世界一周だけでなく 長期の海外旅行では 短期

記事を読む

世界一周に必要な予算(357日間)

世界一周するのにいくら必要なのか? さて、今回は皆が気になるこの質問 世界一周の予算はいくら?

記事を読む

旅の終わり

世界一周の旅を終えて 長くて短いような1年間の 世界一周の旅が終わり 東京に帰

記事を読む

世界一周節約術(2万円安くなる方法)

低予算で世界一周するために 今回は安く旅をするために 必要なことを紹介していこうと思

記事を読む

世界一周の予算内訳詳細や裏技

世界一周の費用の内訳 さて、今回は 世界一周に必要な 予算シリーズ第2弾です。 前回の記事

記事を読む

世界一周の旅へ

世界一周の旅へ 世界一周してきます。 東回りで地球をぐるっと回ってきます。 予算内で行

記事を読む

機内で食中毒を発症、高度30,000フィートの戦い【18時間半のフライト】

天空の地獄へ死の長時間フライト 今回はクック諸島から ブルネイまでの 地

記事を読む

世界一周用バックパックの選び方

おすすめのバックパック 今回は世界一周をするうえで とても重要な装備 バックパック の選び

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク

ドンムアンでトランジットの過ごし方【プライオリティパス不要なミラクルラウンジ】

ドンムアン空港で乗り継ぎ!深夜の空き時間をラウンジで

ヤンゴン国際空港から市内への行き方【アクセス】

ヤンゴン空港からバスでアクセス【エアポートシャトルバス】 ヤン

ヤンゴン・セントラル駅【環状線と日本の車両】

ヤンゴンのローカル鉄道【昭和の鉄道】 皆さんこんにちは

シュエダゴン・パゴダへバスでの行き方【アクセス】

ミャンマーの世界遺産【シュエダゴン・パゴダ】 皆さんこ

短い日程でも大丈夫!ヤンゴン観光【弾丸旅行】

ヤンゴンの観光名所【過密日程でも押さえたいスポット】

→もっと見る

  •  

    2016~2017年に東周りで世界一周しました。
    『旅日記』とビザや移動、裏技などの『旅情報』を書いています。今後は旅中に書けなかった詳細や、世界一周中に訪れた国だけではなく、今まで訪れたすべての国の『旅情報』を更新していきます。

    Name : Green
    Age : Around 30
    世界一周中に訪れた国数 : 52
    人生で訪れた合計の国数 : 70

    大学を卒業後、建築士として5年間住宅の設計をしていました。脱サラ後は約2年間のオーストラリア生活を経て、世界一周の旅へ。帰国後は外資系企業に再就職し、デザイン関係の部署にて日々奮闘中です。現在は『企業に雇われながら旅人を続ける方法』を実践中です。

    写真素材のピクスタ

    また『世界中の写真』を上のバナー先(PIXTA)にまとめてアップしています。

  • 世界一周お役立ち情報【準備や裏技】

    アジア
           

    北米
     

    中米
       

    南米
          

    アフリカ

    欧州(シェンゲン)
                       

    欧州(非シェンゲン)
                

    中東

    大洋州
      

  • 旅情報のおすすめリンク先「Trip-Partner

PAGE TOP ↑