スペイン巡礼の旅

3日目 Zubiri~Pamplona

更新日:

カミーノ3日目

本日の詳細

歩行距離:21.1km
所要時間:5時間

本日のアルベルゲ

名前:Paderborn
金額:6ユーロ
WiFi:有(ちょっと遅い)
キッチン:無(お湯はくれる)

本日のポイント

平坦な道そして大きな街へ

本日はこの3日間で1番楽な工程。

ただただ平坦な山道を歩くだけ。

距離も短いし、

ここを乗り越えてたくさん休まなくては。

本日の感想

6:30

起床。

めんどくさい寝袋を詰める。

そして今日は雨予報。

降らないことを祈りながら身支度を進める。

7:30

小鳥のさえずりの中スタートを切る。

今日も薄暗い森の中が始まり。

湿度のせいか、

開始5分で

汗ばんだり、

足痛めたり、

ラジバンダリ…。

…。

…。

小さなアップダウンを

繰り返しながら進んでいく。

せかっく登るのに

降りるなら、

いっそのこと平にしてほしい…。

3日目にして、

文句が口をつく始末。

途中でかっこいい工場を発見。

工場マニアならうなること間違いなしだが、

残念ながら体力の余裕がない…。

8:40

開始から1時間程で

肩が限界に達した。

早っ!

日に日に体が弱って行くのが

手に取るようにわかる。

途中黄金の木々が目の前に現れた。

葉がないのに黄金に光って見える。

なぜなのか。

その正体は

コケだ。

枝先までびっしりコケが張り付いていて、

黄金に輝いていた。

8:50

小さな村に到着。

5分程休憩。

ここにきてやっと足の痛みにも気が付いた。

そこからは川のせせらぎを

聞きながら

心は癒されて、

体は壊れていく。

森を歩いていると、

たまに廃墟を見かけることがある、

これまた廃墟マニアにはたまらない。

10:10

足には豆ができ、

肩にはあざが出来上がる。

痛みがそこここに積もる。

そんな僕自身の歩きを見て、

もう限界だ

そう感じた僕は

すかさず休憩をとる。

11:25

比較的大きな町に到着。

田舎の村か森の中

にしかいなかったからか、

すべてが新鮮に見える。

バスが走っている。

車の車線がある。

3階建以上の建物がある。

スーパーがある。

バーガーキングがある。

大きい街に感動しながら

今日の目的地を目指す。

12:30

今日の目的地パンプローナに到着。

牛追い祭りで有名な街。

牛追い祭りのフィナーレを飾る

闘技場もあった。

そしてついに雨は降らなかった。

明日もこの感じで歩けることを願う。

比較的早く着いたので、

街を軽く散策する。

ただし通常の観光とは違い

すでに足にガタが来ている。

小1時間観光したら宿に戻る。

大きい街にくると

つい観光したくなる。

しかし、

同じアルベルゲには1泊しかできない。

それにシェンゲン協定の関係もあり、

先を急がなければならない。

巡礼者のつらいところ。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-スペイン巡礼の旅

Copyright© Road to EAST , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.