スペイン巡礼の旅

10日目 Navarrete~Najera

更新日:

カミーノ10日目

本日の詳細

歩行距離:17.0km
所要時間:4時間15分

本日のアルベルゲ

名前:Municipal de Najera
金額:ドネーション
WiFi:有(とても遅い)
キッチン:有

本日のポイント

アルベルゲの受付を経験

今日はドネーションシステムの

アルベルゲに泊まったが

そこの宿の主人に頼まれ

1時間程レセプショニストになった。

ドネーションの宿は基本助け合いの精神で

成り立っているので、

僕もなんの迷いもなく引き受けた。

スペイン語を話せるデンマーク人と

英語を少し話せるというだけで選ばれた僕が

受付を行う。

と言ってもパスポートの内容を控えて、

クレデンシャルにハンコを押すだけ。

巡礼者が巡礼者を助ける。

大変すばらしいシステムだと思う。

本日の感想

7:30

起床。

今日も工程が短いため、

その分スタートを遅らせる。

8:15

スタート。

丘の町から見る朝日は

格別なものがある。

そんな朝焼けの景色の中、

町を進んでいく。

すると町を外れたあたりで

廃墟を発見した。

日本の廃墟も雰囲気があり好きだが、

スペインはスペインで良さがある。

やはりレンガ造りだからか、

古城や教会を思い起こさせる雰囲気で

とてもかっこよかった。

その後はひたすらブドウ畑の中を進む。

もちろんまだ実は成っていないが

畑自体があまりに広大なため圧倒される。

ちなみにログローニョを超えたあたりから

案内のしるしが雑になってきた。

印があっても

どちらに進めばよいかわからなかったり、

そもそも分かれ道に来ても印がないことが

多くなってきた。

9:45

隣町に到着。

15分程休憩。

この町も丘の上にある。

というよりもスペインの田舎町は

ほとんどが丘の上にあり、

歩いていると

遠くからでもすぐ見つけることができる。

しかし、これが中々曲者で。

見えるのに全然着かない。

実際にはかなり距離がある為、

町が見えてきてラスパートをかけると

とんでもない目に合う。

それならばいっそのこと

遠くから見えないでほしい…。

11:15

10分程休憩。

誰もいないただの空き地。

しかし、そこから遠くに見える今日の目的地。

歩き疲れているからか、

ここが特別な場所のように感じた。

まさにファイナルファンタジーⅩの

オープニングのよう。

廃墟も幻光虫もないが…。

12:30

本日の目的地に到着。

大きくもなく小さくもない町。

町の背後には崖がそびえたち、

美しい川が流れている。

しかし、

巡礼者用宿が空くのは15時かららしい。

2時間半も暇があるので、

町を散歩して時間をつぶすことに。

時間をつぶすという行為ができることが

たまらなくうれしい。

働いていたころは常に時間に追われており、

空いている時間を見つけては何かをする。

むしろ時間をつくるために

ひたすら工程を前倒す日々。

そんな日々を懐かしく思いながら、

また旅が終わればそこに返ると思うと

悲しい気持ちも混じってくる。

とにかく、

この暇つぶしの時間を

大事に過ごそう。

そう思うことにした。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-スペイン巡礼の旅

Copyright© Road to EAST , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.