14ヵ国目 ブラジル

14ヵ国目 ブラジル

更新日:

フォスドイグアスのバスステーション

今回はイグアスの町の基本的な情報です。

観光した時の記事は次回書こうと思います。

さて、イグアスの滝の観光拠点となるこの町には

バスステーションが2つあります。

市バス用バスステーション(TTU)

イグアスの滝に向かうならここ

1つは市バス発着用のバスステーションです。

こちらのバスステーションから

イグアスの滝(ブラジル側)へ行くことができます。

料金:一律3.45レアル(約120円)

料金が細かくて少し面倒くさいですが、

どこまで乗ってもこの料金で行くことができます。

またイグアスの空港も滝に行く手前にあるので、

同じバスで向かうことができます。

そしてブラジル内の違う街や隣国に向かう場合は

後述するインターナショナルバスターミナルに向かう必要があります。

これもまたここのバスステーションから

105115の市バスに乗って15分程で向かうことができます。

バスステーションの入場方法

ここのバスステーションは入場方法が特殊です。

メインゲートで3.45レアルを

窓口にて支払いステーション内に入ります。

一度ステーションに入ればどのバスに乗っても

料金の請求はありません。

しかし、問題はこのバスステーションには

お金を払わなくても入れてしまうということです。

バスステーションの周囲は高いフェンスで囲われていますが、

バス自体が出入りするゲートは開きっぱなしなんです。

つまり車道部分から入れてしまうし

外から見ていても

そのゲートから入ってはいけないという雰囲気が全然ありません…。

気が付かずにそこから入る旅行者も多いでしょう。

しかし、それではキセルになってしまうので要注意です。

長距離バス用バスステーション(インターナショナル)

もう1つのバスステーションが長距離バスの為のものです。

通常こちらをインターナショナルバスステーションと呼んでいるようです。

こちらには多くのバス会社が並んでいて、

ブラジルの各都市まで結んでいます。

またアルゼンチン側のイグアスの滝や、

パラグアイ側にわたる場合の国際バスもここからでます。

設備としては軽食をとれるファストフード、

無料トイレもあります。

そして待合室には充電用コンセントがあります。

WiFiは飛んでいません。

コンセント+WiFiという最強コンビは使えませんが、

そんなに悪い設備でもないと思います。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-14ヵ国目 ブラジル

Copyright© Road to EAST , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.