*

シドニーおすすめの伝統建築ホテル元ウェスティン【フラートンホテル】

公開日: : 最終更新日:2020/03/23 オーストラリア【ワーキングホリデー】

5つ星の伝統建築ホテルThe Fullerton Hotelに宿泊【The Westin Sydney】

みなさんこんにちは!
先週からなぜかこのブログのアクセス数が1/4に減らされてしまっているGreenです。特に何もいじっていないのにGoogleさんの逆鱗に触れてしまったかな??

と言うことでこの記事がしっかりと皆に届くのか不安ですが、今回はシドニーの5つ星ホテルThe Fullerton Hotel(フラートンホテル)を紹介します。

ウェスティンからフラートンへ

まず初めに書いて置かなければならないことがあります。
僕は2019年8月頃にこのウェスティンホテルを予約しましたが、なんと渡航した2019年11月には「フラートンホテル」へと名前が変わっていたのです!

と言うのも経営権がウェスティンからフラートンへ移ったようで、ホテルの設備はそのままで名前だけフラートンに変わってしまったのです。(マリオット系列ではなくなりました)

またスタッフも一部引き継がれているようで、僕の荷物を運んでくれた方もまだウェスティンのペンを使い続けていました!

フラートンホテル【The Fullerton Hotel】とは

フラートンホテルシンガポールの高級ホテルでここ最近で拡大してきているようです。そしてシンガポールではあの有名なマーライオンの近くにホテルを構えており、そのホテルは伝統建築の郵便局を改装したものとなっています。

フラートンホテルへの行き方【アクセス】

フラートンホテルシドニーはシドニーの中心地に位置しており、オペラハウスダーリングハーバーサーキュラーキーロックスなど、ほとんどの観光名所まで徒歩圏内です。

また最寄り駅はWynyard(ウィンヤード)駅でもちろんホテルまで徒歩で行ける距離にあります。

中央郵便局をリノベーションしてホテルへ

続いては建築自体に注目して紹介していこうと思います。ここシドニーのフラートンホテルもシンガポールと同じく中央郵便局として使われていた建築を改装して利用しています。

19世紀から続くこの建築を存分に楽しめるようにリノベーションされており、ロビーや朝食会場だけでなく、客室からも伝統的な空間を臨めます。このホテル自体を目的地として旅行してもいいぐらい楽しめるホテルになっています。

無料の遺産ツアー

ホテルが実施している無料ツアーでは1874年まで遡り、この建築の歴史やそこで働いていた人の話を聞くことができるようです。金・土曜日の午前10時から実施しており、定員制なので予約が必要です。



クラシックな雰囲気のホテル内

エントランス

フラートンホテルへのエントランスは3ヵ所あり、タクシーなど車でアクセスするエントランスと、シドニーのメインストリートであるジョージストリート側の小さいエントランス、そして遊歩道側からの伝統的なエントランスがあります。

伝統的な雰囲気のエントランスがとてもかっこいいので、ぜひこちらからアクセスしてみてください。

伝統的でかっこいい階段

伝統的なエントランスがある棟には会議室などビジネスで使う施設が設けられています。美しい螺旋階段があるのでエレベーターを使のがもったいなく思えます。

細かい彫刻

エントランスや階段周りには細かな彫刻が施されています。1つ1つ眺めて時代を感じる。なんともロマンのあるホテルとなっています。

ロビーの吹き抜け空間

エントランスを抜けると巨大な吹き抜け空間にでます。ここがロビーエリアとなっており、地下や2階にあるレストランも同じ空間にあります。

とても快適でずーっと眺めていたくなるような空間なので、宿泊できなくともこの空間に来る為に食事にくるのもありでしょう。

渡り廊下

巨大な吹き抜けを渡るように空中に廊下が設置されています。その廊下からは吹き抜けに面した伝統建築の壁面を見ることができます。

20世紀の時計塔

渡り廊下のさらに上にはガラス天井が設置されており、そこから伝統的な時計塔を見ることができます。20世紀に設置されたこの時計は、なんと客室からも臨むことができるんです!



フラートンホテルのレストラン

朝食会場【The Place】

続いては吹き抜け空間に面したレストランを紹介します。2階部分にはフラートンホテルの朝食ビュッフェ会場になるレストラン (The Place) があります。

1階ロビーの物音は遠くにかすかに聞こえ、ガラス張りの天井からは柔らかい光が落ちてきて、朝から心地いい時間を過ごすことができます。

1階のバー【The Bar】

グランドフロア(日本でいう1階)にはおしゃれなバー(The Bar)が設置されており、日中はもちろんのこと、夜になればライトアップされた美しい吹き抜け空間を見上げながら、お酒を飲むことができます。

地下のレストラン街

地下部分にはカジュアルなレストランが並んでいます。寿司屋もあるので、日本食が恋しくなったら訪れてみてください。

吹き抜けアトリウム側客室【ヘリテージ】

伝統的な外壁に囲われた空間

客室はシドニーの街並みが見える部屋ホテルの吹き抜け空間が見える部屋(ヘリテージ)があります。チェックイン時にどちらか聞かれたら迷わずヘリテージを選びましょう!

ガラス天井からの光

ヘリテージの客室からは伝統的でかっこいい建築の雰囲気を感じられ、日中はガラス天井からたくさんの光が入ってきます。逆に夜になるとライトアップされた吹き抜け空間を味わうことができます。

コーヒーマシンやお酒

フラートンホテルは5つ星ホテルなので、ある程度の設備や備品がそろっています。普段ドミトリーに泊まっていた旅人の僕からしたら、天国のような設備です!

洗面室

洗面所もとても綺麗で、もちろんバスタブもあります!アメニティもしっかりそろっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。フラートンホテルはオーストラリアの歴史に触れながら宿泊できる最高のホテルと言ってもいいでしょう。もちろん宿泊者でなくても食事を楽しみに訪れてみてください!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

関連記事

エアーズロックリゾート【格安バッパーと無料シャトルバスの時間】

エアーズロック周辺の施設 今回はシドニーから1泊2日で エアーズロックを訪れたときの

記事を読む

ブリスベン空港から市内への移動【アクセスと朝食情報】

ブリスベン空港から市内へ移動してベーグルの朝食【The Bagel Boys】 皆さ

記事を読む

寄付制レストランLentilでボランティア体験【セントキルダのレンティル】

Lentil As Anything St Kilda 前回に引き続きメルボルンのセ

記事を読む

オーストラリアの時給ファームの探し方【ワーホリ必見】

コネなし自力で時給ファームを探す方法 今回はオーストラリアの ワーキングホリデーセカンドビザ

記事を読む

ハミルトン島のコアラブレクファストと動物園の料金【コアラと写真撮影】

コアラを抱っこして写真が撮れるカフェ【WILD LIFE】 皆さんこんにちは!サラリ

記事を読む

メルボルン郊外のおすすめカフェ【Naughty Boy】

CBDからトラムでアクセス郊外のカフェ 前回、前々回とメルボルンのカフェについて紹介

記事を読む

ハミルトン島からホワイトヘブンビーチツアー【ヒルインレット】

世界一美しいビーチ【ホワイトヘブンビーチ】 皆さんこんにちは!リゾート旅行も大好きな

記事を読む

メルボルンの代名詞ブライトンビーチ小屋【電車でアクセス】

ブライトンビーチの小屋【メルボルン観光スポット】 前回はメルボルンの森の中を走る 蒸気機関車を

記事を読む

メルボルンの大自然の中で汽車に揺られる【パッフィンビリー鉄道】

メルボルンでのんびり過ごす 前回の記事にて パッフィンビリー鉄道について 紹介

記事を読む

メルボルンの隠れた観光スポット【街歩き】

メルボルンを散歩 今回はメルボルンCBD内を街歩きした時の情報です。ベタな観光名所で

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク

シドニーおすすめの伝統建築ホテル元ウェスティン【フラートンホテル】

5つ星の伝統建築ホテルThe Fullerton Hotelに宿泊【

ハミルトン島の予約不要レストラン【おいしいレストラン】

低価格でおすすめのレストラン 皆さんこんにちは!最近は

ハミルトン島のおすすめホテル【パームバンガローズ】

動物とふれあえるパームバンガローズ【Palm Bungalows】

ハミルトン島のコアラブレクファストと動物園の料金【コアラと写真撮影】

コアラを抱っこして写真が撮れるカフェ【WILD LIFE】

ハミルトン島からホワイトヘブンビーチツアー【ヒルインレット】

世界一美しいビーチ【ホワイトヘブンビーチ】 皆さんこん

→もっと見る

  •  

    2016~2017年に東周りで世界一周しました。
    『旅日記』とビザや移動、裏技などの『旅情報』を書いています。今後は旅中に書けなかった詳細や、世界一周中に訪れた国だけではなく、今まで訪れたすべての国の『旅情報』を更新していきます。

    Name : Green
    Age : Around 30
    世界一周中に訪れた国数 : 52
    人生で訪れた合計の国数 : 70

    大学を卒業後、建築士として5年間住宅の設計をしていました。脱サラ後は約2年間のオーストラリア生活を経て、世界一周の旅へ。帰国後は外資系企業に再就職し、デザイン関係の部署にて日々奮闘中です。現在は『企業に雇われながら旅人を続ける方法』を実践中です。

    写真素材のピクスタ

    また『世界中の写真』を上のバナー先(PIXTA)にまとめてアップしています。

  • 世界一周お役立ち情報【準備や裏技】

    アジア
           

    北米
     

    中米
       

    南米
          

    アフリカ

    欧州(シェンゲン)
                       

    欧州(非シェンゲン)
                

    中東

    大洋州
      

  • 旅には電子書籍がおすすめですよ!

    旅情報のおすすめリンク先「Trip-Partner

PAGE TOP ↑