ハミルトン

ハミルトン島の予約不要レストラン【おいしいレストラン】

更新日:

低価格でおすすめのレストラン

皆さんこんにちは!
最近は食べることも少しずつ趣味になりつつあるGreenです。
そこで今回はハミルトン島にある予約不要のレストランを紹介します。比較的低予算で楽しめるレストランを中心にまとめますが、とてもおいしいレストランも含まれています!

コアラと一緒に朝食【WILD LIFE】

まず初めに紹介するのはコアラと共に朝食をとれるカフェレストランのワイルドライフ(WILD LIFE)です。

ここでは朝食会場内にコアラがおり、別途料金を支払えばコアラを抱っこして写真を撮ることもできます。コアラと触れ合える数少ない貴重な場所ですので、ハミルトン島を訪れる際は是非足を運んでみてください!
詳細は下のリンク先にまとめています。

営業時間:7:00~10:00
予算: 36.5ドル(コアラ抱っこは別料金)

ヨーロピアンに大人気のピザ【Pizzeria and Gelto Bar】

歩道上の座席

続いてはピザ屋さんピザアンドジェラートバー(Pizzeria and Gelto Bar)を紹介します。ここでは本格的なピザを食べることができ、店内だけでなく持ち帰りにも対応しています。

おしゃれな店内の座席でもよいですが、オーストラリアらしい、店の目の前の歩道上の席もおすすめです。夕暮れ時の涼しい風を感じながらおいしいピザを楽しみましょう。

おすすめのピザ

おすすめのピザはアンチョビとアーティチョーク、オリーブとベーコンなどが入ったピザです。本当にびっくりするほどおいしいです!!世界一周する中でもいくつかピザを食べてきましたが、本場イタリアに負けないおいしさです。

特にアーティチョークがいい味をだしています。アーティチョークは日本ではあまりなじみのない野菜だと思いますが、スペイン巡礼の旅では多くのスペイン人巡礼者が食べていたので、ヨーロッパではメジャーな野菜のようでした。

おいしいジェラート

ここではピザのカウンターとは別にジェラート専用のカウンターがあります。これまた本場イタリア顔負けのおいしいジェラートを提供しているので、是非立ち寄ってみてください。

営業時間:11:00~(コーヒー・ジェラート)、16:00~Latetime(ピザ)
予算:12ドル~



ハミルトンのパン屋【Bob'S Bakery】

お次はハミルトン島で唯一のパン屋さんボブズベーカリー(Bob'S Bakery)です。ボブズベーカリーはシンプルでかっこいい見た目の建物で、基本的に持ち帰りを対象としています。

また店の前の歩道と道の反対側にある自由に使えるテーブル席も利用することができます。

ここではおいしいパンだけでなく、オーストラリアならではのミートパイも売っています。また、サンドイッチも売られているのでホワイトヘブンビーチへのツアーの為に、お弁当として買っていくのもありでしょう。

営業時間:7:00~16:00
予算:10ドル以下

オーストラリアならフィッシュアンドチップス【Popeye's Fish and Chips】

パン屋のお隣フィッシュアンドチップス

続いてもオーストラリアフードであるフィッシュアンドチップスの専門店ポパイズテイクアウェイ(Popeye's Fish and Chips and takeaway)を紹介します。

ここでは出来立てのフィッシュアンドチップスを店内の席や、お隣のパン屋さんと同じように道の反対側にある自由に使えるテーブル席で食べることができます。

ちなみにオーストラリアでは持ち帰りのことをテイクアウェイ(Take away)と言います。日本ではテイクアウト(Take out)。アメリカではトゥゴー(To go)と言います。

ハーバーを眺めながら

店の向かい側にあるテーブル席は自由に使うことができるので、休憩するのにうってつけです。冷たいものを飲みながらのんびりとハーバーを眺めているだけでも癒されますね。

コカトゥがやってくる

このテーブル席は屋外なので、フィッシュアンドチップスのおこぼれをもらおうとコカトゥがやってきます。目の前までやってきてフライドポテトをねだる様子はとてもかわいいですよ!

営業時間:11:00~21:00
予算:20ドル以下



お酒とステーキを気軽に楽しむ【Marina Tavern】

続いては気軽にステーキを楽しめるマリーナタバーン(Marina Tavern)を紹介します。

ディナータイムにはお酒を片手においしいステーキを食べることができます。またランチタイムは落ち着いた雰囲気で、家族連れも多くカフェ代わりに利用することができます。

テラス席は風が抜けハミルトンの美しい海を見渡せるので、とてもおすすめです。またここにもコカトゥが飛んでくるので、写真を撮ったり触れ合うことができます。

営業時間:11:00~21:00
予算:サイド7ドル~、メイン21ドル~

【Manta Ray】

最後はイタリアンレストランのマンタレイManta Rayです。ランチからディナーまでオープンしており、僕はカフェ代わりに利用しました。

テラス席からはヨットが集まるハーバーを眺めることができ、とても気持ちが良いです。パスタやピザがおいしいお店で、ピザは持ち帰りをすることもできるようです。

営業時間:12:00~22:00
予算:サイド8ドル~、メイン23ドル~、デザート9.5ドル~

まとめ

いかがでしたでしょうか、今回はハミルトン島のレストラン事情についてまとめてみました。
リゾートアイランドですが、高級レストランでなくても十分おいしいものが楽しめるので、皆さんも是非足を運んでみてください。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-ハミルトン

Copyright© Road to EAST , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.