*

プラハでもグネグネ、フランクゲーリー

公開日: : 最終更新日:2019/08/28 30ヵ国目 チェコ

ダンシング・ハウス

またしても

ゲーリー建築に出会えました。

世界中どこにでもありますね。

ちなみにゲーリーの建築が好きですが

別に意図的に

追っているわけではないです。

僕の行く先に

彼の建築がある。

ただそれだけです。

その他のゲーリーの建築は

グッゲンハイム美術館(スペイン)

輝く超かっこいい美術館

ディズニーコンサートホール(ロサンゼルス)

アメリカの現代建築6選【西海岸編】

EMP博物館(シアトル)

シアトルの現代建築【アメリカの有名建築】

さて、

通称ダンシング・ハウス

と呼ばれるこの建築は

正式名称を

ナショナル・ネーデルランデン・ビル

と言い、

フランク・O・ゲーリーの設計により

1996年に建てられました。

モルダウ川に面して建てられており

当初はこの美しい旧市街に

ふさわしくないと

批判的な意見が多かったようです。

しかし今ではすっかり

プラハのシンボルとなっています。

外観

まずは外観です。

対岸のプラハ城側から

アクセスすると

色合いのせいか

意外と街並みに溶け込んでおり

周囲の建築と比べてもそこまで

違和感はありません。

しかし、正面に回ればごらんのとおり

ガラスで覆われた

梁と柱の骨組みは

大きく歪んでいます。

そこにはゲーリーの

グネグネ世界が広がっています。

見る角度によって

全然違う印象を受ける。

あいかわらず

不思議な建築です。

ちなみにこのガラスの棟が女性で

右側の棟が男性、

2人で踊っているように見えることから

ダンシングハウスなのだそうです。

内観

中に入ると

受付カウンターと

何やら改札のようなゲートがあります。

しかし大丈夫。

一般人でも手前側の

エレベーターから

最上階のカフェまでは

行くことができます。

屋上カフェ

最上階はカフェになっています。

白、黒、透明、そして銀色。

そこにアクセントとして赤色が加わる。

このカフェは

そんなおしゃれな内装の店内と

テラス席で構成されています。

コーヒー1杯(約2.5ユーロ)

屋上からの景色

テラス席は

オブジェを囲うように椅子が配置され

目の前にはモルダウ川があり

プラハの街を一望することができます。

この建築に興味がなくても

屋上からの景色を眺める為だけに

ここを訪れるのも

ありだと思います。

プラハの隠れた

絶景スポットですね。

平面プラン

非常口が描かれた

パウチが貼ってあったので

参考に紹介します。

まるで子供の落書きのような

壁の曲線。

こんなのどうやって決めたのでしょうか

綺麗な円形でもないし

本当にフリーハンドで

描いた線を元に

建ててそうですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

相変わらずゲーリー建築は

不思議な形をしていますね。

街歩きに疲れたら

是非ここでコーヒーを飲みつつ

プラハの街を眺めましょう。

ちなみに場所は

ダンシングハウスで

検索すれば

簡単にわかります。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

関連記事

30ヵ国目 チェコ

おとぎ話のような街プラハ ドイツから ヨーロッパではお馴染みの FLIXBUS

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク

Eバイクで仏塔巡り【バガンのおすすめパゴダ】

古都バガンのパゴダ観光編 今回はバガンにある仏塔(パゴ

バガン空港やバスターミナルから市内への移動【ニャウンウー・ニューバガン・オールドバガン】

ニューバガン・ニャウンウーとバスターミナルや空港へ【アクセス】

ヤンゴンからバガンへの行き方【夜行バスでアクセス】

ヤンゴンからバガンへの移動手段【バスと飛行機を比較】

ボストンからニューヨークへ移動【バスや電車でアクセス】

ボストンからニューヨークへの行き方【おすすめ移動手段】

ヴィンテージインテリアのブルックリンスタイル本場へ【ウィリアムズバーグ】

ブルックリン観光のおすすめスポット こんにちは!古い物

→もっと見る

  •  

    2016~2017年に東周りで世界一周しました。
    『旅日記』とビザや移動、裏技などの『旅情報』を書いています。今後は旅中に書けなかった詳細や、世界一周中に訪れた国だけではなく、今まで訪れたすべての国の『旅情報』を更新していきます。

    Name : Green
    Age : Around 30
    世界一周中に訪れた国数 : 52
    人生で訪れた合計の国数 : 70

    大学を卒業後、建築士として5年間住宅の設計をしていました。脱サラ後は約2年間のオーストラリア生活を経て、世界一周の旅へ。帰国後は外資系企業に再就職し、デザイン関係の部署にて日々奮闘中です。現在は『企業に雇われながら旅人を続ける方法』を実践中です。

    写真素材のピクスタ

    また『世界中の写真』を上のバナー先(PIXTA)にまとめてアップしています。

  • 世界一周お役立ち情報【準備や裏技】

    アジア
           

    北米
     

    中米
       

    南米
          

    アフリカ

    欧州(シェンゲン)
                       

    欧州(非シェンゲン)
                

    中東

    大洋州
      

  • 旅情報のおすすめリンク先「Trip-Partner

PAGE TOP ↑