*

ル・コルビュジエの傑作ラ・トゥーレット修道院へ

公開日: : 最終更新日:2019/06/09 15ヵ国目 フランス

ラ・トゥーレット修道院

今回は

ル・コルビュジエの作品2つ目。

これまた傑作の

ラ・トゥーレット修道院を紹介します。

ラ・トゥーレット修道院について

これは

ル・コルビュジエ

によって設計された修道院で、

フランスのリヨン郊外にあります。

自由な曲線を多用した

ロンシャンの礼拝堂とは対照的に

水平垂直をはっきりとさせた

つくりになっています。

また、内部見学だけでなく、

宿泊もできる施設になっています。

内部見学はツアーのみ

はじめに大事な情報を…。

この修道院の内部見学は

ツアーでしかできません。

しかも日程がかなり限られています。

6/1~8/31

月~土

10:00~

14:30~

16:00~

14:30~

16:00~

9/1~5/12

月~土

見学不可

14:30~

16:00~

5/13~3/30

月~金

見学不可

14:30~

14:00~

14:45~

直前にその情報を得た僕は

日程の関係上そのまま訪れて

外部見学のみにしました。

ちなみに意外と来訪者が多く

皆、中を見学できないことに

落胆している様子でした。

ちなみに公式ホームページを

見ていて気が付いたのですが、

この修道院自体に

宿泊することもできるようです。

コルビュジエの建築に

泊まれるなんて最高ですね。

修道院外部を見学

さて、外部のみの見学になりますが、

外からでも十分コルビュジエ建築を

満喫することができます。

それでは僕の

独断と偏見で

見ていきましょう。

連続水平窓

コルビュジエの提唱していた

近代建築の五原則の一つ、

連続水平窓。

これを確認することができます。

おそらく廊下部分にあたるのでしょうが、

どのように光が入ってくるのでしょう。

残念ながら内部に入ることはで

できなかったので、

想像することしかできません。

きっと照明がなくとも

明るい空間を作り出しているはずです。

ピロティ

これまた近代建築の五原則の一つ、

ピロティです。

しかし、この建築ではこの空間を

うまく活かしていないように感じました。

ただの土の空間が広がるばかりで

配管が通っていたり

設備点検などの裏方として

存在しているようです。

しかし、このピロティにより

建物が持ち上がっていることで

中庭まで風が通り

気持ちがよかったです。

中庭

中庭部分まで入ることができます。

外観からでもスロープがあるのがわかります。

コルビュジエ建築でよく見かけるスロープ。

彼は

階段はフロアを分けるものだが、

スロープはフロアを繋ぐもの。

と考えていたようです。

うねる目地

外壁の一部に

グネグネと曲がったひびが入っています。

通常コンクリート壁は

気温の変化や乾燥により

膨張収縮します。

したがってひび割れ誘発目地

と言うものを設けますが

おそらくこのひびは

その役割を担っているのでしょう。

単純なまっすぐなものではなく、

わざわざ曲げている。

誰も見ないであろう

こんなところまで

設計していたのでしょうか。

この建物には様々な工夫が施されています。

僕のイメージでは

不思議な装置がたくさん付属していて、

ただの箱である建築が

デコレーションされている感じです。

まずは建物の一番上についている鐘。

四角い建物にポコッとくっついているので

遠方から見ると

かなり目立っていて

いいアクセントになっていました

光を取り込む装置

外周や中庭に不思議な装置が付いています。

おそらく光を取り込むためのものでしょう。

どのように光が落ちているのか、

これも内部から見学したかったですね。

窓に付属する装置

外壁に見慣れない不思議なものが付いていました。

おそらく…

目隠しでしょうか。

いや、ド田舎なので

周りに建物もなく誰ものぞき込めません。

ということは…

これも光に関係する装置でしょうか。

角度が付いていることから、

光を反射させて内部空間に導く

働きをしている気がします。

まとめ

いかがだったでしょうか。

この記事を読み、

ル・コルビュジエについて

建築について

少しでも興味を持つ人が

増えることを願っています。

また、ほとんど僕の個人的な感想なので

この修道院に興味がある方は

是非ちゃんとした解説書を

読むことをおすすめします。

また、ル・コルビュジエや

ロンシャンの教会については

こちらの記事もご覧ください。

ル・コルビュジエの傑作ロンシャンの礼拝堂へ

ラ・トゥーレット修道院までの行き方は

こちらの記事をご覧ください。

【電車でアクセス】ラ・トゥーレット修道院行き方

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

関連記事

ニースからエズ村へバスでの行き方【アクセス方法】

エズ村観光とバスでの行き方 皆さんこんにちは!コート・ダジュールの美しさに魅了されて

記事を読む

ル・コルビュジエの傑作ロンシャンの礼拝堂へ

ロンシャンの礼拝堂 建築界の巨匠 ル・コルビュジエの傑作 ロンシャンの教会に行

記事を読む

海上の要塞モンサンミッシェル

モンサンミッシェル フランス観光の目玉の一つ モンサンミッシェルの観光編です。 モ

記事を読む

モンサンミッシェル【自力での行き方】

モンサンミッシェル電車とバスでアクセス 今回はパリ市内から安く簡単に モンサンミッシ

記事を読む

モナ…リザ…?

ルーブル美術館観光 ついにガラスのピラミッドの中に入る日が来ました。 様々な彫刻や絵画が展示、

記事を読む

【スイスからアクセス】ロンシャンの礼拝堂行き方

鉄道と徒歩でロンシャンの教会へ 今回はロンシャンの礼拝堂への 行き方を紹介します。 パリから

記事を読む

フランスグルメ編

フランスを食す 世界三大料理と言えば 中国 トルコ そして… フラ

記事を読む

パリにある夢の国

ディズニーランドパリの基礎知識 2つあるディズニーの世界 パリのディズニーランドは デ

記事を読む

【裏技】ニース観光・空港アクセス格安バス

バックパッカー、コート・ダジュールに行く 空港から格安路線バスでアクセス ニースの空港から市

記事を読む

ドイツのようなフランスの街ストラスブール

再び入国フランス ドイツから次の目的地のスイス までバスで移動したため、 また

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク

ブリスベン空港から市内への移動【アクセスと朝食情報】

ブリスベン空港から市内へ移動してベーグルの朝食【The Bagel

ドンムアンでトランジットの過ごし方【プライオリティパス不要なミラクルラウンジ】

ドンムアン空港で乗り継ぎ!深夜の空き時間をラウンジで

ヤンゴン国際空港から市内への行き方【アクセス】

ヤンゴン空港からバスでアクセス【エアポートシャトルバス】 ヤン

ヤンゴン・セントラル駅【環状線と日本の車両】

ヤンゴンのローカル鉄道【昭和の鉄道】 皆さんこんにちは

シュエダゴン・パゴダへバスでの行き方【アクセス】

ミャンマーの世界遺産【シュエダゴン・パゴダ】 皆さんこ

→もっと見る

  •  

    2016~2017年に東周りで世界一周しました。
    『旅日記』とビザや移動、裏技などの『旅情報』を書いています。今後は旅中に書けなかった詳細や、世界一周中に訪れた国だけではなく、今まで訪れたすべての国の『旅情報』を更新していきます。

    Name : Green
    Age : Around 30
    世界一周中に訪れた国数 : 52
    人生で訪れた合計の国数 : 70

    大学を卒業後、建築士として5年間住宅の設計をしていました。脱サラ後は約2年間のオーストラリア生活を経て、世界一周の旅へ。帰国後は外資系企業に再就職し、デザイン関係の部署にて日々奮闘中です。現在は『企業に雇われながら旅人を続ける方法』を実践中です。

    写真素材のピクスタ

    また『世界中の写真』を上のバナー先(PIXTA)にまとめてアップしています。

  • 世界一周お役立ち情報【準備や裏技】

    アジア
           

    北米
     

    中米
       

    南米
          

    アフリカ

    欧州(シェンゲン)
                       

    欧州(非シェンゲン)
                

    中東

    大洋州
      

  • 旅情報のおすすめリンク先「Trip-Partner

PAGE TOP ↑