*

海上の要塞モンサンミッシェル

公開日: : 最終更新日:2017/07/19 15ヵ国目 フランス

モンサンミッシェル

フランス観光の目玉の一つ

モンサンミッシェルの観光編です。

モンサンミッシェルとは…

言わずと知れたモンサンミッシェルですが、

念のためおさらいしておきましょう。

ここは708年に建てられた礼拝堂が始まりで、

その後に何度も増改築を行い現在の姿になりました。

用途も最初は礼拝堂、

戦時中には要塞、

監獄として使われていた時期もあるようです。

島までのアクセス

現在モンサンミッシェルまでは橋が架けられており、

モンサンミッシェル村のお土産物屋の前から

無料送迎バスで向かうことができます。

もちろん歩いて渡ることも可能で、

大体40分程かかります。

僕は散歩がてらのんびり歩きました。

モンサンミッシェル観光

町中を散策

モンサンミッシェルの島の中は

いくつかの路地で構成されています。

特に地図を見るわけでもなく早速登ってみました。

下層部分にあたるお土産物屋や

おしゃれなレストランを横目に進んでいきます。

とても雰囲気があり歩いているだけでも楽しいですね。

中層あたりは住宅やホテルがメインになってきます。

観光客がいない空間

途中でお墓と教会を発見しました。

事前に細かく調べていなかったので、

歩く度に発見があります。

ここの教会は奥まった場所に佇んでおり、

とてもいい雰囲気でした。

もちろん人も誰もいないので、

静かな時間を過ごすことができました。

一番上の教会

寄り道をしながら歩き続け、

遂に最も上にある修道院に到着しました。

まずは入場料を払い中に入っていきます。

入場料10ユーロ

最初に現れるのはモンサンミッシェルの模型です。

複数展示されており時系列にそって

増改築されていく様を見ることができます。

続いて礼拝堂に向かいます。

礼拝堂の前の広場から周囲を一望することができます。

外の景色を見ながら息を整え、

礼拝堂の内部に入ってみました。

すると

ひんやりとした空気に包まれます。

そして

重厚感のある美しい空間に立っていました。

外部よりも内部の方が寒いので

より一層気が引き締まります。

その後は食事をする部屋や中庭など、

たくさんの部屋や空間を見ていきます。

1時間では見きれないほど壮大でした。

モンサンミッシェル村のお土産物屋

村に戻りお土産を見ました。

ここはスーパーを兼ねているので、

食材や飲物も買うことができます。

もちろんワインもたくさんおいてあります。

お土産はどれもこれもかっこよくて、

見ているだけで満足してしまいます。

ちなみに、

サンドイッチなどの軽食屋さんも入っているので、

帰りのバスを待つ間に

コーヒーを飲みながら休憩できます。

価格はそれなりにしますが、

島の中よりは安いです。

まとめ

今回はパリからモンサンミッシェルまで

1泊2日で観光してきました。

日帰りのバスツアーなどもありますが、

じっくり堪能するためにも

泊まりで訪れることをおすすめします。

なによりも美しい夜景が最高ですからね。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

関連記事

モナ…リザ…?

ルーブル美術館観光 ついにガラスのピラミッドの中に入る日が来ました。 様々な彫刻や絵画が展示、

記事を読む

ドイツのようなフランスの街ストラスブール

再び入国フランス ドイツから次の目的地のスイス までバスで移動したため、 また

記事を読む

モンサンミッシェル【自力での行き方】

モンサンミッシェル電車とバスでアクセス 今回はパリ市内から安く簡単に モンサンミッシ

記事を読む

パリをぶらっと街歩き

名もなきパリの街並み 今回はパリ市内を散歩した時のことを書こうと思います。 特に名所

記事を読む

【スイスからアクセス】ロンシャンの礼拝堂行き方

鉄道と徒歩でロンシャンの教会へ 今回はロンシャンの礼拝堂への 行き方を紹介します。 パリから

記事を読む

ル・コルビュジエの傑作ロンシャンの礼拝堂へ

ロンシャンの礼拝堂 建築界の巨匠 ル・コルビュジエの傑作 ロンシャンの教会に行

記事を読む

フランスグルメ編

フランスを食す 世界三大料理と言えば 中国 トルコ そして… フラ

記事を読む

ニースからエズ村へバスでの行き方【アクセス方法】

エズ村観光とバスでの行き方 皆さんこんにちは!コート・ダジュールの美しさに魅了されて

記事を読む

【裏技】ニース観光・空港アクセス格安バス

バックパッカー、コート・ダジュールに行く 空港から格安路線バスでアクセス ニースの空港から市

記事を読む

ル・コルビュジエの傑作ラ・トゥーレット修道院へ

ラ・トゥーレット修道院 今回は ル・コルビュジエの作品2つ目。 これまた傑作の ラ・トゥー

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク

ブリスベン空港から市内への移動【アクセスと朝食情報】

ブリスベン空港から市内へ移動してベーグルの朝食【The Bagel

ドンムアンでトランジットの過ごし方【プライオリティパス不要なミラクルラウンジ】

ドンムアン空港で乗り継ぎ!深夜の空き時間をラウンジで

ヤンゴン国際空港から市内への行き方【アクセス】

ヤンゴン空港からバスでアクセス【エアポートシャトルバス】 ヤン

ヤンゴン・セントラル駅【環状線と日本の車両】

ヤンゴンのローカル鉄道【昭和の鉄道】 皆さんこんにちは

シュエダゴン・パゴダへバスでの行き方【アクセス】

ミャンマーの世界遺産【シュエダゴン・パゴダ】 皆さんこ

→もっと見る

  •  

    2016~2017年に東周りで世界一周しました。
    『旅日記』とビザや移動、裏技などの『旅情報』を書いています。今後は旅中に書けなかった詳細や、世界一周中に訪れた国だけではなく、今まで訪れたすべての国の『旅情報』を更新していきます。

    Name : Green
    Age : Around 30
    世界一周中に訪れた国数 : 52
    人生で訪れた合計の国数 : 70

    大学を卒業後、建築士として5年間住宅の設計をしていました。脱サラ後は約2年間のオーストラリア生活を経て、世界一周の旅へ。帰国後は外資系企業に再就職し、デザイン関係の部署にて日々奮闘中です。現在は『企業に雇われながら旅人を続ける方法』を実践中です。

    写真素材のピクスタ

    また『世界中の写真』を上のバナー先(PIXTA)にまとめてアップしています。

  • 世界一周お役立ち情報【準備や裏技】

    アジア
           

    北米
     

    中米
       

    南米
          

    アフリカ

    欧州(シェンゲン)
                       

    欧州(非シェンゲン)
                

    中東

    大洋州
      

  • 旅情報のおすすめリンク先「Trip-Partner

PAGE TOP ↑