11ヶ国目 アルゼンチン

11ヶ国目 アルゼンチン

更新日:

ブエノスアイレスの美しい建築

世界で2番目に美しい本屋

さて、ブエノスアイレスでは有名な

世界で2番目に美しいと言われる本屋

El Ateneoに行ってきました。

世界で何番目というのはいたるところにありますが、

この本屋は本当に美しいです。

元々は劇場だった建物を

そのまま利用して本屋にしています。

建物に入ってすぐに吹き抜けの大きな空間があります。

2、3階部分はアイアンの柵と照明で

かっこいい空間になっていました。

奥に進むとさらに大きな空間があり、

赤い幕と舞台が目に飛び込んできます。

その舞台として使われていた場所はカフェに

2、3階の客席だった部分には書籍がびっしりと配置されています。

また椅子が置いてある読書スペースもあるため、

一日中本を読んで過ごすこともできます。

テアトロ・コロン劇場

基本情報

続いてスカラ座・オペラ座と共に

世界三大劇場の1つに数えられている

コロン劇場に行ってきました。

劇場内の観光は有料でツアーガイド付きしかありません。

1回250アルゼンチンペソ(約2,000円)と少しお高いです。

また月曜日だけ学割があるようです。

美しい光に照らされて

入場するとまず

きれいな衣装のスケッチや実物が展示されている廊下を通り、

そのままメインエントランスホールに向かいます。

とにかく豪華です。

壁や天井、柱とすべてに細かい彫刻が施されており、

ホール自体が黄金色に輝いています。

そして、その光の元は天井に設置されているドームです。

ドーム自体がステンドグラスになっており

美しい光が差し込んできます。

また設置されている大理石は

わざわざイタリアから運んできたもののようです。

ガイドの方はスペイン語と英語で案内してくれるため、

僕も一つ一つ理解しながら進んでいくことができました。

本物の豪華

続いて2階にあがります。

待合室などが並んでいるのですが、

廊下も部屋も豪華。

そして一番豪華な部屋というか廊下に来ました。

大きなシャンデリアが天井から下がり

壁、柱、天井だけでなく

建具、椅子、窓枠、鏡、

細かいところまでとても美しく作られています。

ヴェルサイユ宮殿を彷彿させるような

美しく豪華な空間でした。

ついに劇場ホールへ

最後にホールの空間へ案内されました。

中央にたくさんの座席、

そしてそれを囲うように

ボックスシートが6層に分かれて配置されています。

しかし、ガイドの話を聞いてみると

なんとさらにその下に1層あるようです。

地下に埋まっていて、かろうじて開口部が見えます。

そこは一番安い席でほとんど舞台は見ることができないが、

音は聞こえるということ。

そう、聞くためだけの空間なんです。

ちなみに、大統領や市長などのお偉いさんは

舞台のすぐ横の2階のボックスシートで鑑賞し、

他の観客に手を振っていたようです。

たしかに一般市民への配慮は嬉しいですが、

当の本人は舞台が大変見にくいと苦情を言っていたとか…。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-11ヶ国目 アルゼンチン

Copyright© Road to EAST , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.