スペイン巡礼の旅

1日目 Saint-Jean-Pied-de-Port~Roncesvalles

更新日:

カミーノ1日目

本日の詳細

歩行距離:24.0km
所要時間:7時間30分

本日のアルベルゲ

金額:12ユーロ
WiFi:あり(遅い)
キッチン:あり

本日のポイント

2通りの道

サン・ジャン・ピエ・ド・ポー
(Saint-Jean-Pied-de-Port)

から

ロンセスバーリェスまでは
(Roncesvalles)

ルートが2つあります。

山岳路(ナポレオンルート)

昔ナポレオンが通った道として

ナポレオンルートと呼ばれています。

標高1400mまで登る中々ハードな道のようです。

しかし冬季の間は雪が積もっており

閉鎖されていたため、

僕の場合は選択しがありませんでした。

国道沿いの道

こちらは途中までは国道沿いなので

アスファルト上を歩きます。

しかし途中からは山岳路となり、

標高1000mまで登ることになります。

ちなみにこちらのほうが標高が低い分楽に見えますが、

途中から一気に登るので

勾配がきついようです。

ピレネー山脈越え

山道をひたすら上ることになるので

とてもハードです。

しかし、その分景色もいいはず。

本日の感想

6:00

目を覚まし、

朝ごはんと身支度を整えます。

7:00

宿を出発する。

3月末の早朝のフランスは

真っ暗ですね。

町中で開いているのは

パン屋ぐらいですね…。

小鳥のさえずりを聞きながら

歩き出す。

息は白い。

しかし、

10分程歩くともう汗ばんでくる。

広い草原の中、

遠くに家々を見ながら歩く。

歩き始めて30分程で日の出を迎える。

冬のフランスの田舎町は美しく輝く。

家畜のにおいが少々強烈だが

気にならないほどの光景。

途中で何人かの巡礼者を追い抜いた。

アジア人はほとんどいない。

韓国人のおじさんやおばさんがたまにいるくらい。

基本はヨーロピアンの若者。

そして意外にも老人がたくさん歩いていた。

9:00

小休憩。

左足のかかとと、

小指の付け根に若干の違和感を覚える。

10:00

小休憩。

依然体調は万全。

途中白い粉が舞っているエリアに来た。

朝日に照らされ

まるで雪みたいな美しさ。

キラキラ輝いているので、

蛍のようにも見える。

しかし、

よく見ると

それは綿毛でした。

種を1つ抱え

空に舞っていく。

未来に命を繋げるために。

大変美しく感動的な世界でした。

11:00

小休憩。

左肩が完全に痛む。

それもそのはず僕のバッグは

おそらくどの巡礼者よりも重い。

(旅の道具11kg)
+
(カメラとパソコン3.5kg)
+
(水1.5kg)

合計16kg。

電化製品のせいで重たい…。

足の疲れはそれほどでもない。

音楽を聴きながらごまかしつつ歩く。

12:00

30分程休憩。

持ってきたバゲットに

サラミ、チーズ、レタスを挟んで

サンドイッチを作り食べる。

美しい森の中でランチタイム。

ここまでは完璧だった。

ここまでは…。

ここから地獄の山登り。

途中木が倒れていて道をふさいでいた。

荷物を背負ったまま

アスレチックのようにそれを乗り越え、

ひたすら上る。

老人が手押し車を押しながら

横断歩道を渡るスピードよりも

ゆっくり上る。

傾斜がきつすぎてそれ以上スピードを出せない。

そして肩が爆発寸前。

13:10

小休憩。

これ以上は本当に肩がもたない。

13:55

山頂に到着。

もちろん休憩。

山頂のモニュメントを観に行く余裕すらない。

ここからは下りなので幾分楽になる。

14:30

ロンセスバーリェス到着。

疲労困憊動けない…。

けど軽く街を散策。

この町はとても小さい。

レストランが2件。

スーパーなどはない。

物は買えないので、

宿の自販機頼み。

宿は4つ。

そして教会。

だいたいこんなもんです。

小さな小さな田舎町に

多くの巡礼者が

休息を求めてやってくる。

…。

疲れた…と言うよりは痛い。

左肩だけ痛い。

荷物は均等に詰めているので、

おそら僕の歩き方がまずいのでしょう。

重心が偏ってしまっている。

さて、

明日に向けて今日も早めの就寝。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-スペイン巡礼の旅

Copyright© Road to EAST , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.