18ヵ国目 イギリス

マンチェスターユナイテッドのチケット入手方法

更新日:

海外サッカーのチケット購入方法

さて今回はイングランドプレミアリーグ、

マンチェスターユナイテッドの

チケットを購入する方法を紹介します。

チケット売り切れでも間に合う方法

マンチェスターユナイテッド、

リバプール、

アーセナル、

チェルシー、

など人気チームのチケットは正規の方法で

購入しようとしても

すぐに売り切れてしまうことが

多々あります。

正規チケットの買い方は

公式ホームページや

他の人のブログに載っています。

ここでは多少高くても

チケットを手に入れたい人の為の

合法な方法を紹介します。

(ダフ屋から買うのはやめましょう)

StubHub Japan 利用方法

今回はチケット販売サイト

StubHub Japanを利用しました。

これは転売目的や

何かしらの事情でチケットを売りたい人が

出品して、

僕のように金に物を言わせてでも買いたい人

購入するシステムです。

(海外では当たり前に行われている手法で転売も合法なようです)

ちなみにこちらは日本の会社なので、

日本語対応です。

1. イベントの検索

まずは自分の観たい試合をチーム名などで検索します。

2. 座席の選択

座席や出品者により金額が異なるので、

自分のほしいチケットを選択します。

(相場は正規チケットの2~3倍でした)

3. 購入手続き

僕はクレジットカードで購入しましたが、

コンビニ決済も可能なようです。

4. 商品の受け取り先指定

サッカーチケットの場合は出品者側も

チケットの準備が直前になってしまうようです。

したがって受け取りは必然的に

現地での宿泊先になります。

ここで

ポイント①

事前に自分の宿泊先に

封筒の受け取りが可能か確認すること。

僕の場合は安宿を予約していたので、

紛失しないか心配でした。

ちなみにマンチェスターにある安宿の

YHAはシステムもしっかりしていて信頼でき、

実際に何も問題はありませんでした。

ポイント②

宿への伝え方に注意。

チケットが届くと伝えるのではなく、

封筒が届くと伝えましょう。

そのほうが盗難のリスクは減ります。

5. チケット受け取り

宿の受付からチケットを受け取りましょう。

この時に指定した座席と

異なることもあるようなので

要チェックしましょう。

チケットの形態は

紙チケットや

シーズンチケットのカード

など多種多様なようです。

僕の時はシーチケで

知らない人の名前のカードでした。

スタジアムへの入場方法などは

観戦時のブログを見てください。

6. カードチケット返却

シーズンチケットの場合は入場後、

ハーフタイムに

回収しに来る人がいるので

そのまま渡しましょう。

チケット販売サイトのメリット

欲しいチケットが手に入る

なんといってもこれでしょう。

どんなに貴重なチケットでも

お金さえ出せば手に入ります。

足元を見られているのは

悔しいですが、

チャンスを逃すほうが

もったいないでしょう。

現地受け取りが可能

いつでも

どこでも

どの国でも

WiFiさえ飛んでいれば

チケットを購入でき、

現地で受け取りが可能です。

予定を立ててからでも間に合う

先に旅程を決めていて

急遽試合を観に行くことになっても

十分間に合います。

チケット販売サイトのデメリット

とにかく高い

かなり高額です。

正直ぼったくりだと思います。

しかし、

それが成り立ってしまうのが

需要と供給の世界ですね。

僕ら日本人は

中々ヨーロッパなんていけません。

多少高くても

この機会を逃したくないですもんね。

ちなみにチャンピオンズリーグの

レアルマドリードの試合は

正規の5倍くらいに跳ね上がっていました。

騙されないか心配

すくなからず僕の利用した

StubHub Japanは大丈夫でした。

販売者側のトラブルなどで

チケットが郵送されなかった場合は

ちゃんと全額返ってくるようです。

ちなみに僕は

この会社の回し者でもなんでもないです。

他のチケット販売会社で

検討するのもありだと思います。

ただし僕の調べた範囲では

ここが一番信用できそうだっただけです。

ということで次回はついに

夢の劇場に入ります。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-18ヵ国目 イギリス

Copyright© Road to EAST , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.