*

オマーンの路線バスやルートバスの乗り方【節約移動術】

公開日: : オマーン

治安のいいオマーンでローカルバスに乗る

今回はオマーンのマスカットを走るバスについて紹介します。以前の記事でも路線バス(MWASALAT社)について書きましたが、今回は実際に乗車した時の情報です。

ルートバス(ルートタクシー)

まずは安くて便利、ローカルな雰囲気を楽しめるルートバスについてです。

乗り方

路線バスのバス停や、ルートバスのバス停(特に目印は無し)で拾うことができます。立っているだけで、向こうから声をかけてくれるので、目的地を言いましょう。後は同じ方面に行くルートバスに乗り込むだけです。ただし、念のために事前に料金は確認しましょう。

料金

現地の人は200バイサ(約60円)~1オマーンリアル(約300円)を払っていました。実際に僕が乗ったルートバスも1オマーンリアルでした。

実際に利用してみた

僕の場合はグランドモスクからルイの街まで利用しました。路線バスに乗ろうと思って路線バスのバス停で待っていました。すると次から次へとルートバスのバンが停まってくれ、どこに行くのか尋ねてきます。「ルイ」と言うだけで、ドライバーは頷くか、首を振るか、のリアクションをくれます。

ハイエースなどのワゴン車で営業していることが多く、4列シートなので客だけで10人くらいは乗ることができます。荷物を積む場所はないので、スーツケースの場合は難しいかもしれません。僕は65Lのバックパックだったので、乗り込むことができました。

ハイスピードで走りながら、たまに停車しては乗客を乗せていきます。オマーン人と無言で乗る車内はとても興味深いです。特に話しかけるわけでもなく、話しかけられることもなく、ただただ1つのチームとして、ルートバスに揺られています。不思議な一体感を感じました。

ルイでのルートバス乗り場

ルイではメインバスターミナルから5分程離れた場所で降ろされます。サークル状の交差点なので、ドライバーはラウンドと呼んでいました。

路線バス

続いて以前の記事でも紹介した公共路線バスです。世界中の路線バスとなんら変わりないので難しいことはありません。

乗り方

前から乗り後ろから降ります。

料金

料金は先払いです。支払うとちゃんと紙のチケットをくれます。路線バスも 200バイサ(約60円)~1オマーンリアル(約300円) が相場のようでした。

実際に僕が利用したバスの料金はこちらの記事にまとめています。

実際に利用してみた

空港から街へも、街から空港へもこの路線バスを利用しました。冷房も完備され、大きなスーツケースを置く場所もあります。とても快適な乗り物ですが、本数が少ないのだけが欠点ですね。

ルイのバスステーション

ここからは各方面へのバスに乗り換えられます。空港へ行くバス「1B」もここからでます。

路線バスの時刻表

路線バスのバス停にはちゃんと時刻表も設置されています。上の写真は少し見にくいですが、マトラからルイに向かうバス停の時刻表です。空港まで路線バスで帰りましたが、ちゃんと時刻通りに来てくれました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。個人的にはルートバスがおすすめです。乗車するだけでも楽しいバスでした。皆さんも移動手段を理解して快適な旅を楽しみましょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

関連記事

マスカット国際空港からマトラへバスでの行き方【アクセス】

マスカット国際空港からアクセス【路線バスとルートタクシー】 今回はオマーンの首都マス

記事を読む

オマーンビザ取得【e-VISA申請方法】

オマーンの観光ビザを申請するやり方 今回はオマーンビザを申請する方法について書いてい

記事を読む

オマーンの首都マスカット観光【弾丸旅行】

1泊の弾丸旅行で巡るマスカット 今回はオマーンの首都マスカットを観光した時の情報をま

記事を読む

路地を散策【アラブの街歩き】

ムトラ(マトラ)の路地を歩く 今回はオマーンの田舎町、ムトラの路地を散策した時の様子

記事を読む

ムトラ(マトラ)観光【定番観光スポット】

オマーンの首都マスカットを観光 今回はオマーンの歴史ある街マスカットにある、ムトラ(

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク

バガン空港やバスターミナルから市内への移動【ニャウンウー・ニューバガン・オールドバガン】

ニューバガン・ニャウンウーとバスターミナルや空港へ【アクセス】

ヤンゴンからバガンへの行き方【夜行バスでアクセス】

ヤンゴンからバガンへの移動手段【バスと飛行機を比較】

ボストンからニューヨークへ移動【バスや電車でアクセス】

ボストンからニューヨークへの行き方【おすすめ移動手段】

ヴィンテージインテリアのブルックリンスタイル本場へ【ウィリアムズバーグ】

ブルックリン観光のおすすめスポット こんにちは!古い物

アメリカの現代建築8選【東海岸編】

ニューヨークのおすすめ有名建築を観光 みなさんこんにち

→もっと見る

  •  

    2016~2017年に東周りで世界一周しました。
    『旅日記』とビザや移動、裏技などの『旅情報』を書いています。今後は旅中に書けなかった詳細や、世界一周中に訪れた国だけではなく、今まで訪れたすべての国の『旅情報』を更新していきます。

    Name : Green
    Age : Around 30
    世界一周中に訪れた国数 : 52
    人生で訪れた合計の国数 : 70

    大学を卒業後、建築士として5年間住宅の設計をしていました。脱サラ後は約2年間のオーストラリア生活を経て、世界一周の旅へ。帰国後は外資系企業に再就職し、デザイン関係の部署にて日々奮闘中です。現在は『企業に雇われながら旅人を続ける方法』を実践中です。

    写真素材のピクスタ

    また『世界中の写真』を上のバナー先(PIXTA)にまとめてアップしています。

  • 世界一周お役立ち情報【準備や裏技】

    アジア
           

    北米
     

    中米
       

    南米
          

    アフリカ

    欧州(シェンゲン)
                       

    欧州(非シェンゲン)
                

    中東

    大洋州
      

  • 旅情報のおすすめリンク先「Trip-Partner

PAGE TOP ↑