クック諸島

クック諸島観光レンタサイクルで島を一周

投稿日:

自転車で島を一周

今回はレンタル自転車で

クック諸島を一周した時の

様子を紹介します。

周長約30kmと

山手線の一周とほぼ同じ距離

とても小さな島です。

走り続ければ

2時間で

1周できてしまいます。

レンタル自転車

まずは自転車を借ります。

島の中にはいたるところに

レンタルショップがあり

どこでもだいたい

1日10NZドル

で貸してもらえます。

借りる時には

保障としてパスポート

預ける必要があるので

忘れずに持っていきましょう。

クック諸島の道

この島は

2本の道路で構成されています。

メインは海岸沿いの外側の道路、

メイン道路よりも

内側にサブ道路があり、

それらの道路が

2重の輪になっています。

基本的に建物も少ないので

ひたすら自然の中を

走ることになります。

海と山

この島には

基本的に建築などの

見どころはありません。

海か山しかないです。

自然を感じながら

ゆっくり過ごす。

それがこの島での過ごし方でしょう。

海と山については

次回の記事

にて書きたいと思います。

露店

店番のいない衣類店がありました。

この島独自の染物でしょうか

カラフルな衣類が並んでいます。

観光客をターゲットにした

お土産物屋さんですね。

しかしいくら治安のいい島でも

店番がいないのは

いかがだろう…。

幼稚園

広大な敷地の奥に

幼稚園がありました。

カラフルでかわいらしく

滑り台やタイヤの遊具もあり

日本の幼稚園と

変わらない印象です。

レストラン

基本的に建物すら

ほとんどない島ですが

レストランを発見しました。

見た目は簡素で

お客さんもいませんでしたが…。

教会

島の教会に来てみました。

意外と新しく綺麗な建物です。

背後には

島の中心に位置する

テ・マンガ山が見えます。

ただ、残念なことに

内部を見学することは

できませんでした。

海岸にあるカフェ

走り続けて1時間。

疲れも出てきた頃に

海の見える

カフェが現れました。

コーヒーとアイスクリームを

頼んで休憩します。

すると店員さんが一言、

「ドリップコーヒーしかないけどいい?」

どうやらコーヒーマシンはないようで

わざわざ説明してくれました。

さすがはコーヒー好きの

ニュージーランド人が

多く訪れる国ですね。

首都のアバルア近くになると

少し建物が増えてきて、

コンクリートで舗装された

場所も目にします。

港には

かっこいいオープンカーが

停まっていました。

首都アバルア

島の北側に首都の町並みがあります。

とはいっても、

とてもとても小さな町です。

観光客は

お土産物屋とスーパーマーケット、

ガソリンスタンドぐらいしか

訪れることはないでしょう。

スーパーマーケット

大きなスーパーマーケットは

島の北側の首都

アバルアにあり

島の南側には

小さなスーパーが1、2軒しかありません。

僕は安宿に泊まっていたため

周囲にはレンタルサイクルの店ぐらい

しかありませんでした…。

大きいスーパーまでは

徒歩1時間以上、

小さいほうまでは

30分もかかります。

しかも夕方には閉まってしまうので

自炊派の僕は非常に大変でした。

この日の夕飯は

宿の近くにある

軽食屋で弁当を買いました。

ハンバーガーや弁当など

意外と物がそろっていますが、

レンチンしただけの

低レベルハンバーガーでも

5NZドルぐらい取られます…。

ちなみにスーパーマーケットに行けば

種類は少ないながらも

野菜やパスタなど

なんでも買うことができます。

まとめ

ラロトンガ島は小さいので

簡単に1周することができました。

しかし観光ポイントは

やはり海ですね。

島のビーチは

いくつかに別れているので、

1周がてら違うビーチを

訪れるのがおすすめです。

ということで

次回はクック諸島の

海と山を紹介します。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-クック諸島

Copyright© Road to EAST , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.