クック諸島

南の島のウィークエンドマーケット

更新日:

プナンガ・ヌイ・マーケット

ラロトンガ島では

週末にマーケットが開かれます。

小さな島ですが

結構大きな規模のイベントで

多くの露店が並びます。

お祭り会場に

フリーマーケットがある

イメージです。

そんなマーケットを

覗いてみましょう。

野菜屋さん

まずはどこの国でも必ず訪れる

野菜や果物の店を見てみます。

ここで買う野菜は

スーパーよりも新鮮です。

自炊派は必見ですね。

果物屋さん

続いて果物です。

ここクック諸島は

赤道の近くなので

南国特有のトロピカルな

果物が並びます。

果物の王様

ドリアンも

もちろんありました。

お菓子屋さん

生鮮食品だけでなく

加工食品もあります。

かわいいお菓子やパンが

たくさん売られていました。

写真のお菓子は

毒々しい色合いですが

甘くておいしかったです。

生演奏

地域の軽音同好会

と言ったような風貌の

人々が

南国らしい曲を演奏して

会場の雰囲気を作ってくれます。

せめて後ろに見えている

ゴミ箱ぐらい

片付けてほしいものですが

まぁその緩さが

この島の良さなんでしょう。

CD屋さん

ミュージシャンの近くでは

CDも売っています。

彼らのCDがどれかは

わかりませんでしたが、

南国風なジャケットのCDが

たくさんありました。

服屋さん

南国らしいカラーリングの

洋服が並んでいました。

まさにフリーマーケットのような雰囲気です。

おみやげとしてだけではなく、

この島に滞在している間に

着る服として

購入するのもありですね。

Tシャツ屋さん

服屋さんの近くには

Tシャツとタンクトップ

専門の店もありました。

面白いプリントのシャツが多いので

是非おみやげにしましょう。

雑貨屋さん

洋服だけではなく

雑貨も売っています。

おそらく手作りであろう

アクセサリーや

かごが売っています。

結構気合が入っており

かわいいものが

たくさんありました。

軽食屋さん

ホットドッグや飲物が売られています。

缶の飲物は

3NZドル(約240円)

と高いです。

この国は基本的に

ニュージーランドから

商品を輸入しているので

必然的に物価が高いです。

基本的には家族総出で店を

切り盛りしているようですが、

小さい子供には退屈なようです。

売り場の机の下で

スマホをいじっています。

小さな田舎の村でも

現代っ子は

現代っ子なんですね。

まとめ

どこの国でも

マーケットには

その国ならではの

商品が並び

眺めているだけでも

楽しめますね。

週末にラロトンガ島を訪れる方は

このマーケットを覗いてみてください。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-クック諸島

Copyright© Road to EAST , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.