32ヵ国目 ポーランド

ワルシャワ観光

投稿日:

首都ワルシャワ観光

クラクフを後にした僕は

首都のワルシャワにやってきました。

久々の大都会です。

近代都市

ここワルシャワの街は

なぜか親近感がわきます。

石造りの旧市街ばかり

旅している為か

近代的なものに囲まれ

日本に帰ってきた気分になりました。

鉄道駅

ワルシャワセントラル駅は

他のヨーロッパの街のように

石造りの伝統的な建築ではなく

かなり近代的な建築です。

駅の中ではどこでもWiFiを拾うことができ

待合室には充電用のコンセントもあります。

ただし座ったままでも

寝ていると注意されます。

また、ショッピングセンターが

隣接しており、

有名な店舗も多く

日本のショッピングセンターと変わらないです。

ガラス張りの天井になっている

気持ちのいいフードコートもあり。

WiFiも拾えます。

いうことなしですね。

高層ビル

ワルシャワセントラル駅の周辺には

たくさんの高層ビルがあります。

それも面白い形をしており

ひん曲がっているものや

ビルの中間層が

空洞になっているものなどがあります。

復活の旧市街

続いて旧市街にやってきました。

ワルシャワの旧市街は

第二次世界大戦中に破壊されてしまい

今現在ある街は

復旧したものです。

過去の資料や住民の記憶から

レンガのひび割れまで

忠実に再現したとされています。

かわいい看板

この街には

かわいい看板がたくさんあります。

旧市街には小さなお店が

たくさんありますが、

それぞれの店が

工夫を凝らした

看板を掲げているので

旧市街で看板巡りするのも楽しいです。

バルバカン再び

クラクフで見た

円形状の砦バルバカン。

ここワルシャワにもありました。

クラクフのものよりは

小ぶりですが

迫力があります。

周囲にはしっかりと

壁と堀があり

ここを通らないと

街に入れないようにできていました。

偉人達

ワルシャワには

ポーランド出身の

偉人達の足跡が残されています。

コペルニクス

地球が太陽の周りをまわっている。

そう、地動説。

これを唱えたのがこのコペルニクスです。

有名な話ですね。

しかし本当に世紀の大発見だったことでしょう。

当時は宗教がらみもあり

地球が中心でしたからね。

宇宙の話は本当にロマンがあります。

僕はこの宇宙の

真実、

真理、

が知りたいです。

生きている間に

地球外生命体が発見されて欲しいな…。

ショパン

知らない人はいないであろう

有名なピアニストです。

彼もまた

ここポーランド出身です。

旧市街にある

聖十字架教会では

彼の遺言書に沿って

心臓が安置されています。

ポーランド軍事博物館

旧市街を散策した後は

そのまま新市街に向けて

適当に歩いていました。

すると道路の反対側に

違和感を感じました。

戦闘機や戦車などの

各種兵器が屋外に

展示されているのです。

そう、ここは軍事博物館です。

せっかくなので

外部空間だけですが

見学してみました。

機械や技術の塊として見ると

とてもかっこいいのですが

これらは人を殺すための道具です。

なんとも歯がゆい気持ちで見学しました。

まとめ

今回はワルシャワの街を紹介しました。

次回はワルシャワの複雑な

バスターミナルについて書こうと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-32ヵ国目 ポーランド

Copyright© Road to EAST , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.