*

南米初の陸路国境超え

公開日: : 最終更新日:2017/07/11 5ヵ国目 ベリーズ

グアテマラ~ベリーズ国境越え

さよならグアテマラ

長いこと過ごしたグアテマラを後にして、

いよいよ次の国ベリーズへ向かいます。

たくさんのヨーロピアンと共にマイクロバスに詰め込まれ国境を目指します。

しかしこれはただのマイクロバスではありません。

なんとWi-Fi付きバスなんです。

大型のバスならまだしも、

どっかの温泉ランドにでも向かうような小さなマイクロバスにWi-Fiが付いているのです。

世の中ぁ便利になったもんだなぁ…。

ドキドキの国境

フローレスからバスに揺られ2時間ほどで国境に到着します。

国境の直前ではいきなりおっさんが1人乗り込んできます。

彼は現地人でこのバスと契約をしているのでしょう。

残ったお金の両替をしてくれます。

グアテマラケツァールからベリーズドルへ両替しましたが、

ベリーズは米ドルも使えるのであまり意味はないですね。

でもおっさんは僕の財布に残っていた細かいコインも変えてくれました。

国境では一度バスを降りて、出国審査へ。

特に出国税などはかかりません。

その後ベリーズの入庫審査へ歩いて向かいます。

途中こんなゲートを通ります。

何も難しいことはありませんでした。

逆にあっさりし過ぎてて面白くないですね…。

ベリーズ側の入国審査はこんな建物ですが、

とにかく人が多くて時間がかかります。

そして乗客全員が国境を越えたらまた同じバスに乗り込みます。

ベリーズへ

しばらく走っていると国が変わったことを実感します。

車窓に映るのは英語の看板。

そうここベリーズは英語圏です。

四苦八苦していたスペイン語を忘れ、慣れ浸しんだ英語を使うことができます。

お金も言葉も変わって心機一転ですが、

時間の都合上ベリーズには泊まれません…。

当日の深夜バスにてメキシコを目指すことになります。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

関連記事

5カ国目 ベリーズ

ベリーズ経由カンクン行き 大西洋の果てに ベリーズに到着しました。 街の雰囲気は貧

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク

ブリスベン空港から市内への移動【アクセスと朝食情報】

ブリスベン空港から市内へ移動してベーグルの朝食【The Bagel

ドンムアンでトランジットの過ごし方【プライオリティパス不要なミラクルラウンジ】

ドンムアン空港で乗り継ぎ!深夜の空き時間をラウンジで

ヤンゴン国際空港から市内への行き方【アクセス】

ヤンゴン空港からバスでアクセス【エアポートシャトルバス】 ヤン

ヤンゴン・セントラル駅【環状線と日本の車両】

ヤンゴンのローカル鉄道【昭和の鉄道】 皆さんこんにちは

シュエダゴン・パゴダへバスでの行き方【アクセス】

ミャンマーの世界遺産【シュエダゴン・パゴダ】 皆さんこ

→もっと見る

  •  

    2016~2017年に東周りで世界一周しました。
    『旅日記』とビザや移動、裏技などの『旅情報』を書いています。今後は旅中に書けなかった詳細や、世界一周中に訪れた国だけではなく、今まで訪れたすべての国の『旅情報』を更新していきます。

    Name : Green
    Age : Around 30
    世界一周中に訪れた国数 : 52
    人生で訪れた合計の国数 : 70

    大学を卒業後、建築士として5年間住宅の設計をしていました。脱サラ後は約2年間のオーストラリア生活を経て、世界一周の旅へ。帰国後は外資系企業に再就職し、デザイン関係の部署にて日々奮闘中です。現在は『企業に雇われながら旅人を続ける方法』を実践中です。

    写真素材のピクスタ

    また『世界中の写真』を上のバナー先(PIXTA)にまとめてアップしています。

  • 世界一周お役立ち情報【準備や裏技】

    アジア
           

    北米
     

    中米
       

    南米
          

    アフリカ

    欧州(シェンゲン)
                       

    欧州(非シェンゲン)
                

    中東

    大洋州
      

  • 旅情報のおすすめリンク先「Trip-Partner

PAGE TOP ↑