マレーシア

クアラルンプールで訪れたい観光名所7選【おすすめスポット】

更新日:

クアラルンプールおすすめ観光スポット

皆さんこんにちは、世界一周トラベラーのGreenです。
前回はマレーシアの首都クアラルンプールの面白いスポットをバックパッカー目線で紹介しました。

今回も引き続きクアラルンプールを紹介しますが、絶対に訪れたいベタなスポットをまとめていきたいと思います。

ペトロナスツインタワー

まず最初に紹介するのはマレーシアのシンボルとして人気のあるペトロナスタワーです。
クアラルンプールを訪れたら絶対に見るべきランドマークですね。

設計は超有名建築家のシーザー・ペリが担当し、マレーシアを象徴するイスラム教のモスクを模したデザインになっています。

高さは452mもありツインタワーとしては世界で最も高い建築となっています。

施工ミス

施工はタワー1を日本の会社が、タワー2を韓国の会社が請け負いました。
この工事については面白い噂があり、どちらが早く完成するか、両者が競い合って工事を行ったようです。

その結果、韓国の会社が施工した方が早く完成したのですが、タワー自体は若干傾いてしまったようです…。
その為今でもテナントの数はタワー1にくらべて、タワー2の方が圧倒的に少ないようです。

また、夜になると内部の照明が灯りますが、テナント数が少ないタワー2は少し暗いとのことです。
実際に僕が見た感じではあまり違いはわかりませんでしたが…。

ツインタワーを支える人

それでもその傾きの話を知ってか知らずか、タワーが倒れないように抑える写真を撮っている人がいました。
まるでピサの斜塔ですね。

夜景

ペトロナスツインタワーの夜景は圧巻です。
ライトアップされ夜空に映し出される鋼色はまるでSF世界のようで、宇宙に繋がっていそうな感じです。

近未来を感じることができ、めちゃくちゃかカッコイイです!
是非夜にも訪れてみてください。

国立モスク(マスジッド・ネガラ)

続いて紹介するのは国立のモスクマスジッド・ネガラです。
近代的でスタイリッシュなこのモスクは、収容人数8000人以上でクアラルンプールのメインモスクになっています。

十八角形の屋根

とにかくかっこいいデザインのマスジッド・ネガラですが、屋根も独特なんです。
モスクと言えば玉ねぎ型の屋根ですが、マスジッド・ネガラでは十八角形になっています。
イスラム教の五行とマレーシアにある13の地方行政区分を表しているそうです。

礼拝堂

礼拝堂はイスラム教徒でないと入ることはできませんが、見学はできます。
折り込まれた屋根ステンドグラスが、現代に合わせたモダンなデザインの礼拝堂をつくりだしています。

詳しくはまた別記事にてまとめますね。

マスジッド・ジャメ

マスジッド・ジャメはまたの名をスルタン・アブドゥル・サマド・ジャメ・モスクといい、クアラルンプールにある最も古いモスクの1つです。

国立モスクとは異なり、伝統的な玉ねぎ屋根や、装飾を見ることができます。

川の対岸から眺めると、モスクの全体像とヤシの木が一度に見え、南国のモスクを感じることができます。

バトゥ洞窟

イスラム教のモスクを2つ紹介しましたが、続いてはヒンドゥー教の聖地バトゥ洞窟です。

バトゥ洞窟へ向かうには、なんと272段の階段を登らなければなりません。
しかしその階段にはたくさんのサルがいるので、サルと戯れているうちに登りきることができますよ。

階段の先には幻想的な洞窟空間があります。
かなりの迫力なので、ここも絶対に訪れたほうがいいスポットですね!

こちらも後日別記事にて詳しく紹介します。

ムルデカ・スクエアと歴史的建築物

クアラルンプールの中心にはマレーシアの独立が宣言されたムルデカ・スクエアがあります。
その周辺にはイギリス統治時代の歴史的建築物が残っており、人気のスポットになっています。

スルタン・アブドゥル・サマド・ビル

スルタン・アブドゥル・サマド・ビルは植民地時代に庁舎として利用されており、豪華でかっこいいです。
現在は織物博物館となっており、内部を見学することができます。

旧クアラルンプール中央郵便局

スルタン・アブドゥル・サマド・ビルの隣には旧クアラルンプール中央郵便局があります。
こちらも歴史的な建築で植民地時代から郵便局として使われていました。

現在は政府の施設になっているので、見学することはできません。

KLCC水族館

クアラルンプールで穴場の観光スポットとなっているのがKLCC水族館です。
水族館ならば天気も気温も気にせず快適に過ごせます!

水中トンネル

KLCC水族館の見どころは、全長90mにもなる水中トンネルです。
地元の家族も多く訪れているので、なるべく人の少ない午前中に訪れることをおすすめします。
水中のトンネルからサメを眺めると大迫力ですよ。

生きた化石

また、ここでは生きた化石と言われている、パラオオウムガイにも会うことができます。
歴史的建築だけでなく、生き物からも時代を感じることができますね。

セントラルマーケット

最後に紹介するのはセントラルマーケットです。
ここではマレーシアならではのおみやげを買うことができます。

マレーシアといえばナマコの石鹸が有名なので、是非ともゲットしましょう!
1階の雑貨店に置いてあります。

2階では衣類が売られており、フードコートもあります。
フードコートなので、写真と名前、料金をしっかり見て選ぶことができ、食べそびれたローカルフードを食べるのもいいですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は実際に僕が訪れた観光スポットで、絶対に外せないベタなスポットをまとめてみました。

次回はより詳細な観光情報をまとめていきます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-マレーシア

Copyright© Road to EAST , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.