オーストラリア【ワーキングホリデー】

ワーキングホリデー編【オーストラリア】

投稿日:

ファーム、英語学習、生活、観光など

僕は世界一周の旅に出る前に

ワーキングホリデービザ

オーストラリアに約2年間住んでいました。

今回からはその時の

生活状況や観光の内容、

ワーホリの人が気になる

時給制ファームの探し方や

英語の学習方法などを

書いていきたいと思います。

ワーキングホリデーとは

ワーキングホリデービザ。

とても有名なビザで

海外に興味がある方は

ほとんどの人が知っているでしょう。

しかし、当時の僕は

この素晴らしいビザのことを

全然知りませんでした。

ワーキングホリデービザとは

簡単に説明すると

協定を結んでいる国が

お互いの国の若者(30歳以下)
(国によって年齢制限が異なる)

1年間自由に滞在させ
(国によっては2年間)

就業教育

受けることができるという

画期的なビザなんです。

つまり

好きな国に行くことができ、

学校にも通えて、

仕事もできるんです。

現地でお金を稼ぎ

そのお金で部屋を借り

現地のスーパーで買い物をして

食べて寝る

そう、旅行ではなく

好きな国に住むことができるんです。

人生は長いです。

チャンスがある方は

日本が好きでも、嫌いでも、

海外に住む

という貴重な経験を

してほしいと思います。

オーストラリア滞在の目的

ワーホリビザを使う理由や

国選びは人それぞれだと思います。

そこで一例として

僕の場合の目的を

簡単にまとめようと思います。

英語習得

一番の目的は英語です。

もちろん日本に住みながら

英語を勉強することもできますが、

やはり実際に

英語で生活して

英語で働かないと

中々身に着かないものだと思います。

ちなみに英語も国語もできない、

完全なる理系の僕が

オーストラリアの企業で

英語を使い働くことができ

帰国した今も

外資に就職できたということは

一応、この目的は達成されたと言っていいでしょう。

まぁ、いまだに英語に苦戦してはいますが…。

海外での生活

もう一つの目的は

純粋にオーストラリアを楽しむ為です。

移民の国の文化自然など

実際に住むことで

理解も深まり

とても有意義な時間を過ごすことができました。

滞在した都市

ワーキングホリデー編では

旅行では

味わうことができない

実際に住んだからこそ

体験できた内容を紹介しようと思います。

シドニー

最初に訪れた街シドニー。

オーストラリア最大の街で

日本でいう東京のような位置づけです。

よく間違われますが

オーストラリアの

首都はキャンベラ

という別な街です。

シドニーでは

ホームステイ語学学校

初めてのアルバイトなど

書いていこうと思います。

ウルル

誰もが知る地球のへそ

エアーズロックを訪れたときの

情報を紹介します。

エアー

オーストラリアのド田舎

生活を紹介します。

この町では

セカンドビザを取得するために

ファームにて就業し

人生で最大の

苦痛

平和

を経験してきました。

メルボルン

オーストラリア2年目は

この街で過ごしました。

滞在中はほとんど働いていましたが

個人的にオーストラリアで

一番好きな街です。

まとめ

さて、自分語りで

だいぶ長くなってしまいました。

次回からは早速

シドニーについて

紹介していきます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-オーストラリア【ワーキングホリデー】

Copyright© Road to EAST , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.