7ヵ国目 キューバ

7カ国目 キューバ

更新日:

キューバ入国方法

未知の国キューバへの入国準備

今回は僕の日記の前にキューバ情報についてまとめたいと思います。

毎回様々な人のブログに助けられているので、

今回は誰かの役に立つよう僕がキューバ入国情報を記載したいと思います。

ツーリストカード(入国カード)

まずこれがないと飛行機に搭乗させてもらえません。

僕はメキシコのカンクンから飛び立ったので、

空港で入国カードを 300メキシコペソ(約1500円) で買うことができました。

事前に聞いていた情報ではインテルジェットのチェックインカウンターの向かい側に

小さなブースがあってそこで購入できるということでしたが、

そのブースはすでに撤去されています。

実際にはチェックイン開始と同時にツーリストカード担当者が現れ、

列に並んでいる人達に対して、

一人一人丁寧にツーリストカードを販売してくれます。

USドルでも購入可能ですが、確か20ドルくらいした気がします。

ちなみにエアカナダで入国する場合は機内で配られるようです。

出国チケット

片道航空券でキューバに入国する場合出国航空券の提示を求められることがあります。

僕は事前に用意していたため問題ありませんでしたが、

基本的にインターネットが使えないキューバでは、

帰りの航空券を買うことが難しいため、

事前に準備するほうがよいでしょう。

また、僕の場合はペルーに出国する予定になっていましたが、

ペルーもまた出国チケットが必要なため、

キューバ入国前にペルーを出国するバスの捨てチケットを購入していました。
(案の定出国時に提示を求められました)

キューバの通貨事情

CUCとCUP

この国には流通している通貨が2つ存在します。

観光客用の通貨 クック(1クック=約100円)

現地人用の通貨 モネダ(1モネダ=約4円)

宿やタクシーなど旅行者が利用する施設はすべてクック払い。

食事や公共のバスはモネダで払うことができます。

しかもモネダ払いのものは現地人用価格なのでとにかく安いです。

バックパッカーに必須の格安ごはんもモネダ払いです。

両替詐欺に注意

両替やお釣りを受け取るときにクックとモネダを意図的に

間違えて渡すという詐欺が多いようです。

25倍の差があるので気を付けましょう。

ちなみにクックが建物、

モネダが人間になっています。

1モネダ(約4円)バスで空港から市内まで

大体の国際線が第3ターミナルに到着します。

第3ターミナルの正面ゲートを出て左に向かいます。

両替屋を超えたあたりにタクシーの列があります。

タクシー列のすぐ近くの柱の辺りにバスがきます。

現地人が並んでいるので空港をでて左に向かうだけでわかるでしょう。

そこから乗るバスで第2ターミナルに向かいます。(5分くらい)

第2ターミナルからは主要道路のバス停まで歩きました。(15分くらい)

もしかしたらこのバスはその道路までつながっているかもしれませんが…。

主要道路のバス停からはP12というバスに乗ります。

終点のカピトリオで降りればそこはもう旧市街です。

安宿がたくさんありますが、事前に調べてから行きましょう。

ちなみにタクシーだと空港から市内まで10~25クックで行けるようです。

交渉力次第で値段が変わります。

ハバナ市内から空港まで

帰りのバスは中華街の門がある近くから発車します。

周りの人に「アエロプエルト?」と聞きまわれば簡単に見つけられます。

空港直通のバスはありませんが、

運転手に伝えておけば空港まで一番近い道端で降ろしてもらえます。

そこからは往路と同様にターミナル2まで歩いてそこからターミナル3までバスに乗ります。

 

キューバでは基本的にインターネットがつながらないので、

事前に下調べをすることがとても重要になってきます。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-7ヵ国目 キューバ

Copyright© Road to EAST , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.